2017年02月16日 10時00分 UPDATE
PR

Dell EMC提供ホワイトペーパー遠く離れた拠点で、本社と変わらない業務アプリのパフォーマンスを手に入れる

多拠点展開している企業のIT部門にとって、リモートサイトから利用することでITインフラのパフォーマンスが劣化することは避けたい。ではどうやって本社と拠点で変わらないパフォーマンスの管理を難しくせずに実現するのか?

[ITmedia]

 多拠点展開している企業では、リモートオフィスにオンサイトのITスタッフが常駐していないのが一般的だ。しかし、国内外に分散した拠点にとっても、ITインフラとデータは業務の遂行に不可欠である。そのため、これらのオフィスのサポート業務の責任は、依然として本社のITスタッフの肩に重くのしかかる。

 組織によっては、サーバの無秩序な急増を抑制し、業務を集中化するための手段としてクラウドの導入を検討することもあるが、それが実現可能でない場合が少なくない。なぜなら、オフィスがインターネットサービスの限られた遠隔地にあるか、または、利用可能なWAN帯域幅と冗長性が最小限に抑えられているため、レイテンシや可用性といった問題が制限要因となりかねないからだ。

 一方で、Enterprise Strategy Group(ESG)がまとめた2015年の調査レポートによると、「リモートオフィスのITインフラに対する支出を増加させることを計画している」組織の割合は、72%に上っている。ではどうやって本社と拠点で変わらないパフォーマンスの管理を難しくせずに実現するのか? 本コンテンツでは、その有力な解を紹介する。

本コンテンツをダウンロードいただいた方には

【特典】本コンテンツをダウンロードいただいた方の中から抽選で1名様に
「Amazonギフト券(3000円分)」をプレゼントします。

 締切  2017年3月31日(金)まで
 主催  アイティメディア株式会社
 Dell EMC
 賞品 【抽選で1名様】Amazonギフト券(3000円分)
 ※当選された方には、後日アイティメディアより電話にてご連絡させていただきます。

※キーマンズネットでも同様のコンテンツを掲載しています。当選者は、TechTargetジャパンまたはキーマンズネットでダウンロードいただいた全ての方の中から抽選で1名を選出させていただきます。

最新のインテル® Xeon® プロセッサーは、新しいエンタープライズ・アプリケーション、科学技術計算、通信、ストレージ、クラウド、ビッグデータ分析など、さまざまな用途に、性能、電力効率、仮想化、セキュリティーの面で大きなメリットを提供し、IT部門の課題解決を支援します。

Intel、インテル、Intelロゴ、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationの商標です。

Dell EMC VxRail
インテル® Xeon® プロセッサー
E5-2600 v4製品ファミリー搭載

Intel Inside®
飛躍的な生産性を