Loading
2017年02月16日 10時00分 UPDATE
PR

デル株式会社提供ホワイトペーパーコスト・運用負荷比較:ハイパーコンバージドインフラと独自構築システム

ハイパーコンバージドアプライアンス「Dell EMC VxRail アプライアンス」とBYO(独自構築)システムのコストや運用管理負荷をEdison Groupが徹底比較。実測可能な数値比較となっているため、ITインフラ構築・刷新の前に一読をお勧めしたい。

[ITmedia]
画像

 データセンターのフットプリントの削減や煩雑なシステム管理のシンプル化などの需要に伴って、独自構築(BYO:Bring Your Own)システムからハイパーコンバージド製品へ移行する企業が増えてきた。では実際のところ、ハイパーコンバージド製品とBYOシステムで、総所有コスト(TCO:Total Cost Of Ownership)や総取得コスト(TCA:Total Cost of Acquisition)、そして相対的な作業量にどれほど違いが出るだろうか?

 本コンテンツは、Edison Groupがインテル® Xeon® プロセッサーを搭載したハイパーコンバージドアプライアンスファミリー「Dell EMC VxRail アプライアンス」のTCO、TCA、またインストールや初期化、システム拡張といった運用管理の負荷をBYOシステムと比較・対比したレポートだ。「特別設計でテスト済み」のハイパーコンバージドシステムでコストはどれだけ下がり、運用・管理はどれだけ楽になるのか? 実測可能な数値比較となっているため、ITインフラ導入・刷新を検討中の担当者にぜひ一読をお勧めしたいレポートだ。

画像

Intel Inside®
新たな可能性を切り拓く


最新のインテル® Xeon® プロセッサーは、新しいエンタープライズ・アプリケーション、科学技術計算、通信、ストレージ、クラウド、ビッグデータ分析など、さまざまな用途に、性能、電力効率、仮想化、セキュリティーの面で大きなメリットを提供し、IT部門の課題解決を支援します。

Intel、インテル、Intelロゴ、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationの商標です。


インテル® Xeon® プロセッサー搭載