2017年02月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Windows 10アプリの配布や管理が容易に今更聞けない、「ビジネス向けWindowsストア」を使うと何がうれしいのか? (1/2)

Microsoftの「ビジネス向けWindowsストア」を使えば、「Windows 10」アプリケーションの配布やライセンス管理、エンドユーザー管理を効率化できる。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像 ビジネス向けWindowsストアで実現できることとは

 Microsoftの「ビジネス向けWindowsストア(Windows Store for Business)」は、IT管理者とエンドユーザーの両方を楽にしてくれる。

 ビジネス向けWindowsストアがターゲットに据えているのは、クライアントOS「Windows 10」用のアプリケーションを導入している企業だ。事業部門(LOB)向けをはじめとする市販のアプリケーションを入手、配布、管理するための環境を顧客企業に提供する。

 IT部門はビジネス向けWindowsストアから直接、Windows 10アプリケーションを展開して管理できる。ビジネス向けWindowsストアと連係する管理ツールを使うことも可能だ。アプリケーションのライセンス方法によって異なるが、IT部門はエンドユーザーが直接ビジネス向けWindowsストアからアプリケーションを入手するようにも、社内LANでアプリケーションを配布するようにもできる。

業務アプリケーションを管理

       1|2 次のページへ
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

無料DMP「Juicer」がインティメート・マージャーと広告配信で連携
PLAN-Bは、同社が無料で提供するユーザー分析DMP「Juicer」において、インティメート・マ...

news109.jpg

特定の業種に向けて広告を配信、Geolocation Technologyが「業種バナージャック」を提供
Geolocation Technologyは、IPアドレスを解析しユーザー属性を特定することで指定した業...

news012.jpg

別所哲也氏と語る、ブランドが映画を作る意味
企業がコンテンツ、それも「映画」を作る理由とは何か。テレビCMと何が違うのか。「Brand...