Loading
2017年02月21日 10時00分 UPDATE
PR

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパーERPデータとビッグデータ分析の連携を実現する SAP HANA Vora + MapR

基幹系データを活用しつつ、ビッグデータに備えたシステム構築に必要なシステムアーキテクチャとは。SAP HANA VoraとMapRを連携させ、Lenovoサーバ上で動作させる検証を基に、3社およびCTCの4社が共同でベストプラクティスを提案。

[ITmedia]

 ビッグデータ分散フレームワーク「Hadoop」により、多くの企業でビッグデータ活用が進んだ。しかし、ビッグデータを、SAP ERPに代表される基幹系業務データと連携させて、さらなる洞察を得ようとすると「データ構造の違い」が問題となる。

 ERPのデータはSQLでアクセスする必要があり、Hadoopのデータ分析にはScalaやRといったオープンソース言語が利用されることが多いからだ。そのため、両者でのデータのやりとりには困難が伴う。この状況を変えたのが、基幹系業務データとビッグデータを結び付ける「SAP HANA Vora」だ。

 しかし、そのデータ基盤に単なるストレージを選ぶことは、コストとデータ活用性の面で将来に課題を残す。SAP HANA Voraのデータ基盤として、ビッグデータの格納に適した「MapR Converged Data Platform」が選ばれる理由もここにある。本コンテンツでは、いま注目される「ビッグデータと基幹系業務データの連携」の仕組みと、その分析ワークロードに最適なサーバの条件を明らかにする。

ご購入前のご相談・お見積りのご依頼はこちら

メールアドレス:hojin_jp@lenovo.com

TEL:0120-68-6200

受付時間:月曜日〜金曜日 9:00〜17:30(土、日、祝日、5月1日、12月30日〜1月3日を除く)

URL:http://www.lenovojp.com/business/product/server/


提供:レノボ・ジャパン株式会社

提供:レノボ・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部