2017年03月08日 15時00分 UPDATE
特集/連載

CTOたちが予測する“混迷”の2017年ストレージ市場(後編)「Hadoopの時代は終わる」 ビッグデータ解析で主役が入れ替わる“ストレージ的”理由 (1/2)

最高技術責任者(CTO)たちが予測する2017年のエンタープライズストレージ市場。後編ではデータ分析とセキュリティにおけるストレージの影響に言及する。

[Carol Sliwa,TechTarget]
パブリッククラウドが主流だったオブジェクトストレージが、これからはプライベートクラウドでの導入も進むと予測するベンダーは少なくない

 この記事では、エンタープライズストレージの大手ベンダーに所属する最高技術責任者(CTO)と一流の技術者たちに、2017年から業界はどのように変化するのかについて2回に分けて見解を紹介している。既に前編でエンタープライズストレージ市場とハイパーコンバージドインフラについて言及した(「顧客は既に気付き始めている」 ハイバーコンバージドの次を考える)。

 後編では、2017年に大きく変化するというデータ分析とセキュリティにおけるストレージの関わり方とオブジェクトストレージの動向に関する彼らの見解を紹介する。なお、繰り返しになるが、ここで紹介する内容は、発言者の個人的な考えであり、所属する組織の公式な見解ではない。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...