2017年03月10日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Couchbase導入事例NoSQLデータベース「Couchbase」がモバイル環境で愛される理由

配送サービス業を営むDoddleは、データ接続性が不安定な店舗や約600人のサービスマンが持つモバイル端末とデータを送受信する必要があった。同社がMicrosoft SQL ServerからCouchbaseに移行した理由とは?

[Brian McKenna,Computer Weekly]
Computer Weekly

 小包の配送サービスを請け負うDoddle Parcels(以下Doddle)は、NoSQLデータベースを使ってクリスマスシーズンの業務の円滑化を図っている。

Computer Weekly日本語版 3月8日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 3月8日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 Doddleは駅構内、交通ハブ、大学キャンパスなど英国81カ所に店舗を構え、オンラインショッピングの商品受け渡しや返品、小包の配送サービスを請け負っている。最近では、スーパーマーケットチェーンのMorrisonsや英国がん研究所内にも出店している。

 Doddleは、Travelexの創設者ロイド・ドーフマン氏によってNetwork Railとの共同出資で2014年9月に設立された。英国全土に展開した店舗は早朝から夜半まで営業しており、AmazonやASOSなど80社以上に及ぶ業者の商品を取り扱っている。

 Doddleを支えるのは、2016年に導入したNoSQLデータベース「Couchbase」だ。同社のサービスマンは、データベースの「現場でデータを管理する機能」によりオフライン時もモバイル端末で顧客にサービスを提供できる。現時点で約600人に上るサービスマンは、このデータベースによって「小包の状況」「顧客情報」「小包の配送や返品に関する小売業者への具体的な指示」といった情報を処理できるようになった。

 「現場でデータを管理できるということは、端末とコアプラットフォームが適切に分離されるということだ」と話すのは、同社でテクノロジー部門の責任者を務め、ロンドンを拠点に20人のITチームを率いるゲイリー・オコナー氏だ。同氏とチームメンバーは別のNoSQLデータベースも検討したが、Couchbaseは「一定時間オフラインで実行できる機能」が突出していたという。

 BBCやChannel 4の他、オンラインギャンブル企業Betfairでソフトウェアアーキテクトを務めていたこともある同氏は次のように話す。「当社は、店舗での業務をサポートするためにシステムのエンジニアリングをやり直す必要があった」

 「目標は、多様なモバイル端末に導入するためシステムをAndroidベースのプラットフォームで動作させることだった。そんな中で、NoSQLが当社にとって正しい選択肢だと感じた。当社は小包に関連するイベントで情報を分類する必要があるが、NoSQLはドキュメント指向モデルに非常に適しているためだ」

 また、同氏は次のように加えた。「一定時間オフラインで実行できる『Couchbase Mobile』の能力は不可欠だった。駅構内の店舗が多く、大勢の乗客がスマートフォンを使用するピーク時には競合状態に陥る。当社の場合、取引を記録しておき、後で同期すれば問題ない」

 「もう1つ重要な点がある」

続きはComputer Weekly日本語版 3月8日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 2月22日号 3D NANDで飛躍するフラッシュストレージ

Computer Weekly日本語版 2月8日号 NVMe over Fabricsに高まる期待

Computer Weekly日本語版 1月25日号 ARMが進めるIoT戦略


ITmedia マーケティング新着記事

news006.jpg

2018年度の国内ワークスタイル変革ソリューション市場は4459億円と予測――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所は、ワークスタイル変革ソリューション市場の調査を実施しました。

news085.jpg

全社員マーケター化計画に挑む企業、「文化」は変えられるのか?
マーケティングは経営を変えることができるし、マーケティングだけが経営を変えられる。...