2017年03月13日 12時00分 UPDATE
特集/連載

その安定した性能に信頼を寄せる企業多数「コンバージドインフラは滅びぬ。何度でもよみがえるさ」といえる根拠とは (1/2)

コンバージドインフラを、ハイパーコンバージドインフラとクラウドコンピューティングが取って代ろうとしている。だが、コンバージドインフラは今でも堅牢で有益なプラットフォームだ。

[Robert Gates,TechTarget]
Cisco SystemsとNetAppが共同開発した「FlexPod」プラットフォーム

 クラウドコンピューティングとハイパーコンバージドインフラの導入が進むにつれて、多くのデータセンターでは、コンバージドインフラを選ばなくなっている。だが、重要度の高いビジネスアプリケーションにとってコンバージドインフラは最適な選択肢だと語るIT担当者もいる。

 IDCが調べた最新の売り上げデータによると、2016年第3四半期におけるコンバージドインフラの売り上げは調査対象となっている4つのカテゴリーの中で3つが2015年同時期を下回る結果だった。

 「統合インフラ」の導入件数は11.4%減少し、「認証済み照合システム」(レファレンスアーキテクチャ型システム)でも52%減少している。その大きな要因は、EMCの「VSPEX」検証済みシステムの打ち切りにある。2016年の「統合プラットフォーム」の売り上げも前年比で約10%減少している。売り上げが伸びている唯一の分野が「ハイパーコンバージドインフラ」で、前年同時期で104%の増加を記録している。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...

news093.png

ブレインパッド、広告運用レポートの自動作成と実績予測シミュレーションが可能な「AdNote」を提供
ブレインパッドは、インターネット広告運用支援ツール「AdNote」の提供を開始した。