2017年03月13日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Windows 10 Mobileの標準MDM機能の実力は「Windows 10スマホ」を見限る前に確認したい“侮れない管理機能” (1/2)

十分に普及しているとはいえない「Windows 10 Mobile」だが、その管理機能は比較的充実している。標準のモバイルデバイス管理(MDM)機能について詳しく見ていこう。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像 Windows 10 Mobileの標準MDM機能がIT管理者にもたらすメリットとは

 IT管理者は「モバイルデバイス管理」(MDM)システムを利用すれば、Appleの「iOS」やGoogleの「Android」、Microsoftの「Windows」といった複数OSのモバイルデバイスを統合管理できる。モバイルOS「Windows 10 Mobile」を含め、Windows 10の全エディションは内部にMDM機能を組み込んでいる。

 MDMシステムでは一般的に、専用サーバ(MDMサーバ)から特別な設定プロトコルを利用して、専用クライアントソフトウェア(MDMクライアント)を導入済みのモバイルデバイスへアクセスする。IT部門は、MDMサーバに会社のデバイスと従業員の私物デバイスの両方を登録して管理できる。Windows 10標準搭載のMDM機能に関する管理者の知識が深いほど、社内のWindows 10 Mobileデバイスをどう管理するかについて適切な判断ができる。

 Windows 10のMDMクライアントは主に、デバイスの登録と管理という2つのコンポーネントから構成される。それぞれのコンポーネントは、専用のプロトコルでMDMクライアントとMDMサーバ間の接続を仲介する。さらにWindows 10のデバイス構成設定機能「構成サービスプロバイダー」(CSP)は、MDMクライアントからWindowsレジストリやOSファイルへのアクセスを可能にする。

登録コンポーネント

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...

news093.png

ブレインパッド、広告運用レポートの自動作成と実績予測シミュレーションが可能な「AdNote」を提供
ブレインパッドは、インターネット広告運用支援ツール「AdNote」の提供を開始した。