2017年03月22日 10時00分 UPDATE
PR

次世代の運用管理は経営にも”効果あり”ヒューマンエラーをなくし、業務効率も高める画期的な運用自動化ツール

システム運用管理者の肩には、安定稼働とコスト削減のプレッシャーが押し掛かる。しかしIT環境は複雑化し、人力での運用管理は困難になりつつある。解決策はないだろうか。

[ITmedia]

 次々と立ち上がる仮想サーバ、増え続けるデータ、毎月のように新たに導入されるクラウドサービス……。企業のシステム運用管理に掛かる負荷は、年々増えていく一方だ。にもかかわらず、コスト削減のプレッシャーも重く押し掛かる。これまでは現場スタッフの頑張りと創意工夫で何とか乗り切ってきたものの、「これ以上のシステム規模拡大には耐えられない」「もう現場の頑張りだけでは支えきれない」という悲鳴が多くのシステム運用管理の現場から上がり始めている。こうした、システム構成や運用プロセスが複雑な状況を解決すべく、自動化ツールの導入や運用プロセスの標準化などに多くの企業が取り組んでいる。

 一方で、モノのインターネット(IoT)は爆発的な勢いで普及しており、2020年には300億〜500億台ものデバイスがインターネットにつながるという予測がある。現状の「人力に頼る運用管理」だけでは、破綻は時間の問題であろう。本稿では現状の課題を解決し、次世代の技術トレンドに追従できる運用管理の姿を探る。

提供:株式会社日立製作所、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

提供:株式会社日立製作所、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部