2017年03月23日 12時00分 UPDATE
特集/連載

次のブルーオーシャンはどこか創造的破壊が起きつつある5つの市場 次の「Airbnb」「Uber」はどこで生まれる?

近年、民泊サービスの「Airbnb」、タクシー配車サービスの「Uber」、不動産取引の金融サービス「HomeAdvisor」などのサービスが勢いを増している。次はどの市場にシェアリングエコノミーが参入するだろうか。

[Harry Wang,TechTarget]
Airbnb シェアリングエコノミーサービスが登場しそうな次の市場とは(画像は「Airbnb」Webサイトより)《クリックで拡大》

 近年勢いを増している、民泊サービスの「Airbnb」、タクシー配車サービスの「Uber」、不動産取引の金融サービス「HomeAdvisor」など、インターネットを通じてモノやサービスを共有するシェアリングエコノミーサービスには、既存の業界を破壊的に変革する力がある。本稿では、デジタルディスラプション(デジタル時代の創造的破壊)の次なる最前線となりそうな5つの市場の概要を、カーシェアリング、自動車修理・整備、セルフストレージ、テクニカルサポート、中古教科書販売・レンタルの順に紹介する。

カーシェアリング

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

インティメート・マージャー、B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
インティメート・マージャーは、B2B向けのリードジェネレーションを目的としたニーズ検知...

news071.jpg

サイバーエージェント、サイト滞在時間を最大化するDSP「Skyrocket」を提供
サイバーエージェントは、サイト滞在時間を最大化するDSP「Skyrocket」の提供を開始した...

news023.jpg

2018年上半期、テレビで最も長時間話題になったのは「北朝鮮情勢」(181時間56分14秒)――エム・データ調べ
エム・データは、「2018年上半期TVニュースランキング」を発表しました。