2017年03月24日 10時00分 UPDATE
PR

大企業でもクラウド経費精算を使いたいクラウドID管理の難題、解決の鍵は?

業務の効率化にクラウドアプリの積極的な導入は欠かせないが、利用するサービスが増えてくるとID管理やセキュリティ確保が課題になる。どうすればいいか。

[ITmedia]

 従業員の生産性向上には、本来の業務ではない付帯業務の効率化が重要な鍵になる。

 マネーフォワードが提供する「MFクラウド経費」は、そうしたニーズに応えるツールの1つだ。MFクラウド経費は交通系電子マネーの自動読み取りや、スマートフォンで撮影した領収書のデータ読取機能などを備え、経費精算にかかる時間を大幅に削減できる。「モバイルファースト」を徹底し、スマートフォンさえあれば移動中などの隙間時間を有効活用できるため、エンドユーザーにとってメリットが大きい。

 しかし、IT部門が社内の業務効率化のためにこうしたクラウド型業務システムを導入する上で、必ず課題になるのがID管理とセキュリティの確保だ。経費精算というお金にまつわるセンシティブな情報をクラウドに持ち出すことを良しとしない風潮は、日本ではまだまだ根強い。マネーフォワードではここをどう解決しているのか。以下のページで見ていこう。

提供:日本マイクロソフト株式会社、株式会社マネーフォワード

提供:日本マイクロソフト株式会社、株式会社マネーフォワード
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部