2017年03月24日 12時00分 UPDATE
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイドOffice 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは

Microsoftは、「Office 365」と「Office 2016」の2種類のオフィススイートを提供している。果たしてどのような違いがあるのだろう。

[TechTargetジャパン]
Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは

 Microsoftは、2種類のオフィススイートを提供している。1つはパッケージ版の「Office 2016」で、もう1つはクラウド版の「Office 365」だ。これらのオフィススイートから入手できるアプリケーションはほとんど変わらないが、Office 2016とOffice 365は果たしてどのような点で違うのだろうか。

 例えば料金プランの支払い方法は代表的な違いの1つだ。Office 2016は前払いで購入するのに対して、Office 365は月ごとまたは1年ごとに料金を支払うサブスクリプション制を採用している。

 本稿は、料金プランだけでなく、使えるツールやシステムの性能などOffice 2016とOffice 365の違いを紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

人工知能がPRコンテンツを自動制作、ベクトルとデータセクションがツールを共同開発
ベクトルは、人工知能(AI)でPRコンテンツの制作をサポートするツール「AI-PR」の開発を...

news005.jpg

「Mastodonマーケティング」を叫ぶ日は来るのか?
話題の新SNSにスマホゲーム国内市場規模、企業のIT支出の動向、中国人消費者のライフスタ...

news073.jpg

インテージとプレイドが連携、オフライン購買履歴から「価値観」を推定してWeb接客
インテージは、同社が提供する小売業向け生活者の見える化ソリューション「Genometrics(...