Loading
2017年03月31日 10時00分 UPDATE
PR

増えるパブリッククラウド活用、増える新たな課題運用もセキュリティもバラバラ、“マルチクラウドの悲劇”を起こさないために

多様なクラウドサービスを自由に使えるマルチクラウドは理想的だ。だが良いことばかりではない。複雑な構成をどう管理し、セキュリティを維持し続けるかは課題だ。

[ITmedia]

 企業におけるパブリッククラウド活用は、既に「マルチクラウド」の時代へと突入している。例えば外資のパブリッククラウドで業務用のアプリケーションを開発しつつ、基幹システムについてはプライベークラウドへ移行するという企業もある。

 ベンダー各社のパブリッククラウドサービスは成熟するとともに、それぞれ得手不得手や独自の機能が見られるようになってきた。それに伴い開発者の中には、アプリケーションの種類や特徴、好みに応じて、複数のパブリッククラウドを使い分ける人もいるようだ。このように個々のアプリケーションのニーズによって、最適なクラウドサービスを選択的に利用することは、今後のトレンドとなっていくだろう。

 しかしマルチクラウドが浸透した時代で、最も悩むのはIT管理者だ。マルチクラウドになれば、当然ながらオンプレミスや単一クラウドよりも管理が複雑になる。IT部門の目が行き届かなければ、シャドーITの問題も懸念されるだろう。IT管理者は、どのようにクラウド環境を守ればよいのだろうか。

 本稿では、マルチクラウド環境のセキュリティ対策およびガバナンス対策を、オンプレミスのときと同じように強化し、かつシンプルに拡張性を高める方法について解説する。

提供:F5ネットワークスジャパン合同会社

提供:F5ネットワークスジャパン合同会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部