Loading
2017年03月31日 18時00分 UPDATE
PR

短期開発とコード品質向上を両立せよ「この変更はここまで影響」、チェンジインパクト解析で可能になるテスト効率化

ソフトウェア開発において開発時間の短縮が急務になっている。だが、従来手法ではテスト効率化に限界が。今必要なのは「本当にテストが必要な場所」を提示できるツールだ。

[ITmedia]

 今、マーケティングに関わる多種多様な指標は、企業の事業戦略を決定する過程において不可欠な存在となっている。こうした時代において、マーケティングリサーチを専門とする企業の役割が増している。

 マーケティングリサーチ企業は、データの収集から分析、結果の導出までに必要な分析プラットフォームを全部自社で開発しているケースが多い。中には、自分たちのデータセンターの運営から分析プラットフォームの提供といった幅広いサービスを、企業内の調査チームだけでなく、外部顧客に提供する企業も存在する。

 数多くの分析プラットフォームを自社内で開発する、このような 企業で課題となっているのが、開発工程におけるテスト作業の効率化だ。市場の変化や顧客の要望に合わせてプラットフォームを短期間でアップデートするため、開発期間も短縮しなければならない。そのためには、テストの効率化や、必要となるテストをどこまで網羅できたかの管理が欠かせないが、開発環境の制約で思うようにできないという問題が起こるケースも多い。その制約を乗り越えて、テスト環境の改善に取り組んでいるマーケティングリサーチ企業に導入成功の理由を聞いた。

提供:日本シノプシス合同会社

提供:日本シノプシス合同会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部