Loading
2017年04月19日 10時00分 UPDATE
PR

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー「ストレージ」調査レポート:フラッシュの利点は本当に享受されているのか?

多様なメリットを持つフラッシュストレージだが、実際の運用現場ではHDDとの差がどれほどあるのか。1000社強の企業を調査し、フラッシュストレージの利用実態とユーザーの評価を探った。

[ITmedia]

「HPE ストレージフォーラムオンライン」の注目ホワイトペーパー

 多様なメリットを持つフラッシュストレージだが、スペックだけでは導入企業の満足度は分からない。そのメリットが実際にどれほど享受されているのか、ストレージを運用する企業1000社強を調査した。

 フラッシュ導入企業と、HDDのみで運用する企業に明確な差が現れた項目の1つが、平均データ削減率だ。同調査によると、オールフラッシュシステムを利用している企業は、HDDを利用する企業より39%、ハイブリッドストレージシステムを利用する企業よりも20%多くデータを削減できるという結果が得られたという。

 本コンテンツでは、この他にもデータ保護やサービス品質などストレージに関する各項目について利用実態を明らかにする。VDIやビッグデータ、サーバ仮想化などにおける詳細なワークロードパフォーマンス評価もされており、具体的に導入を検討する際には特に役立つ。

「HPE ストレージフォーラムオンライン」とは?

 登録制のオンラインフォーラムです。みなさまがお持ちのTechTargetジャパン会員情報で、HPE ストレージフォーラムオンラインのコンテンツをご覧いただけます。


photo

※TechTargetジャパン メンバーシップにログインした状態で以下の個人情報の取り扱いへのご同意とアンケートにご回答の上、[次へ]ボタンをクリックすると、「HPE ストレージフォーラムオンライン」への登録が完了します。
 登録完了後、「HPE ストレージフォーラムオンライン」にご登録のメールアドレスでログインの上、メニューページにてご希望のコンテンツをお選びください。
 本ホワイトペーパーはコンテンツタイトル「1,000ストレージユーザーへのフラッシュに関する調査」よりご覧ください。