Loading
2017年04月19日 10時00分 UPDATE
PR

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパーTCOで考えるストレージ最適化、SSDなら投資を6カ月以内で回収可能に

導入ストレージの候補として、オールフラッシュが最有力となる時代になりつつある。Gartnerの調査によれば、SSDの投資費用の回収が約5.4カ月で済むほどにTCO削減効果が向上しているという。従来型ストレージとどれほど違うのか。

[ITmedia]

「HPE ストレージフォーラムオンライン」の注目ホワイトペーパー

 SSDの原価が1万rpmのHDD並に低下し、データセンターのオールフラッシュ化という選択肢が現実的になってきた。注目すべきは導入コストでなく、TCOでのメリットだ。Gartnerの調査によれば、SSDのTCO削減効果は高く、ROI(投資利益率)100%の実現にかかる期間は平均で約5.4カ月まで短縮されるという。

 SSDのTCO削減効果が高まった大きな要因となっているのが、データ削減テクノロジーの進化により、必要なストレージ容量が大幅に削減されたことだ。この他にも、ハードウェア・ソフトウェアに対するメンテナンスコストの節約、ストレージ管理の簡素化と高速化による生産性向上なども挙げられる。

 では、実際にSSDのTCOは、従来型ストレージ環境など比べて、どれほど違うのか。本資料では、購入するストレージ容量や、実際にストレージに書き込まれる容量をグラフ化し、その効果やコストの違いを比較する。

「HPE ストレージフォーラムオンライン」とは?

 登録制のオンラインフォーラムです。みなさまがお持ちのTechTargetジャパン会員情報で、HPE ストレージフォーラムオンラインのコンテンツをご覧いただけます。


photo

※本ホワイトペーパーは、HPE ストレージフォーラムオンラインにてご覧いただけます。
 下記、必須項目にご回答の上、[次へ]ボタンをクリックすると、ログイン画面が表示されます。
 TechTargetジャパンに登録されているメールアドレスでログインしてください。