Loading
2017年04月19日 10時00分 UPDATE
PR

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパーIoT時代のインフラ戦略、ストレージは「ためる領域」から「使う領域」へ

近年、さまざまな業界で利用が進むIoTデバイス。今後はIoT利用を支える「インフラ」が主要課題となると予想されるが、そのための備えはできているだろうか。インフラ戦略の要となる「ストレージ環境構築」について詳しく解説する。

[ITmedia]

「HPE ストレージフォーラムオンライン」の注目ホワイトペーパー

 近年、製造業だけでなくさまざまな業種でIoTデバイスの導入が進んでいる。その数は2020年に300億個を超えるといわれるが、日本企業におけるIoTの活用は、約半数が「データ収集・蓄積」であり、データ分析を通じた「付加価値の拡大」までつなげている企業は13.4%にとどまるという。

 これに対して、IoT利用が最も進んでいる米国では、現在、IoTにまつわる最大の課題として「インフラ」が挙げられるようになっているという。国内ではまだ「人材」が主要課題とされているが、米国の動向からは、これからは日本企業もインフラの課題に直面することが予想される。

 その際、重要なインフラ戦略となるのが「ストレージ環境構築」だ。IoTがもたらす膨大なデータを「ためる領域」から「使う領域」へと変化させるためには、どのようなストレージが必要となるのか。大規模ストレージサーバの無停止運用を続けるベルギー企業の事例を交えつつ、IoT時代のストレージ環境の条件を解説する。

「HPE ストレージフォーラムオンライン」とは?

 登録制のオンラインフォーラムです。みなさまがお持ちのTechTargetジャパン会員情報で、HPE ストレージフォーラムオンラインのコンテンツをご覧いただけます。


photo

※本ホワイトペーパーは、HPE ストレージフォーラムオンラインにてご覧いただけます。
 下記、必須項目にご回答の上、[次へ]ボタンをクリックすると、ログイン画面が表示されます。
 TechTargetジャパンに登録されているメールアドレスでログインしてください。