Loading
2017年04月19日 10時00分 UPDATE
PR

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパーNAS導入事例:ファイルサーバとバックアップ環境の統合で安全性・生産性が向上

個別管理していた印刷用データに悩んでいた千曲工房。その改善のために導入したのがデータを管理・共有可能にするWindows搭載NASだ。自動バックアップ機能も盛り込み、ユーザーに負担なくデータ管理を効率化できたという。

[ITmedia]

「HPE ストレージフォーラムオンライン」の注目ホワイトペーパー

 福祉サービスにおける就労支援の一環として印刷事業に取り組む千曲工房では、その印刷用データの管理が課題となっていた。作業用PCごとに個別管理していたため、受託件数の増加とともにHDDが圧迫され、共同作業の障害にもなっていた。

 そこで、従来のファイルサーバとバックアップ環境をWindowsベースのNASで統合。データをファイルサーバで管理・共有可能にするとともに、作業用PCのデータを自動的にバックアップできるようにした。

 これにより安全性や生産性が向上し、複数のユーザーで効率的に共同作業を進められる環境が実現したという。ユーザーに負担を掛けることなく、安全で効率的なデータ管理環境を実現した千曲工房の事例を詳しく見ていこう。

「HPE ストレージフォーラムオンライン」とは?

 登録制のオンラインフォーラムです。みなさまがお持ちのTechTargetジャパン会員情報で、HPE ストレージフォーラムオンラインのコンテンツをご覧いただけます。


photo

※TechTargetジャパン メンバーシップにログインした状態で以下の個人情報の取り扱いへのご同意とアンケートにご回答の上、[次へ]ボタンをクリックすると、「HPE ストレージフォーラムオンライン」への登録が完了します。
 登録完了後、「HPE ストレージフォーラムオンライン」にご登録のメールアドレスでログインの上、メニューページにてご希望のコンテンツをお選びください。
 本ホワイトペーパーはコンテンツタイトル「【事例】医療法人千曲工房 ファイル共有とバックアップを統合し、安心で安全なデータ管理・保護・活用を実現」よりご覧ください。