Loading
2017年04月19日 10時00分 UPDATE
PR

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー中小規模企業でもできる、Windows NASによるデータ一元管理と自動バックアップ

製造業にとって作業データの管理は生産性に直結する。それは中小規模事業所でも同様だ。扱いが容易なWindows NASを活用して、高い信頼性を確保しつつ、データを一元管理と自動バックアップを実現するための方法を紹介する。

[ITmedia]

「HPE ストレージフォーラムオンライン」の注目ホワイトペーパー

 中小規模の印刷現場では、これまで印刷データを作業用クライアントPCに接続した外部ストレージで管理してきた。しかし、需要増に伴うデータ容量の増加や、外部ストレージを接続する個別の作業用PCの不具合発生に伴う作業停止のリスクなど、ストレージ環境の刷新を求める声が増えている。

 このような業務データの管理はどの業種でも重要な課題となっており、有効な解決策が模索されている。そこで注目したいのが、福祉施設を運営する友愛会の事例だ。友愛会は、福祉サービスの一環として行っている印刷事業で、高い信頼性を確保しつつ中小規模事業所でも扱いやすいタワー型のWindows NASを導入した。

 本コンテンツでは、友愛会が地元SIerタツノの支援を受けて導入した「HPE StoreEasy 1550」によるデータの一元管理、自動バックアップ機能などの業務利用とそのメリットを「現場の生の声」を交えつつ紹介する。

「HPE ストレージフォーラムオンライン」とは?

 登録制のオンラインフォーラムです。みなさまがお持ちのTechTargetジャパン会員情報で、HPE ストレージフォーラムオンラインのコンテンツをご覧いただけます。


photo

※TechTargetジャパン メンバーシップにログインした状態で以下の個人情報の取り扱いへのご同意とアンケートにご回答の上、[次へ]ボタンをクリックすると、「HPE ストレージフォーラムオンライン」への登録が完了します。
 登録完了後、「HPE ストレージフォーラムオンライン」にご登録のメールアドレスでログインの上、メニューページにてご希望のコンテンツをお選びください。
 本ホワイトペーパーはコンテンツタイトル「【事例】医療法人千曲工房 ファイル共有とバックアップを統合し、安心で安全なデータ管理・保護・活用を実現」よりご覧ください。