Loading
2017年04月27日 10時00分 UPDATE
PR

時代が求める性能業務システムをオンプレミスからクラウドへ、見逃せない重要スペックは?

「リアルタイムなビジネス知見の発掘」という使命に応えるべく、オンプレミスのシステムそのままを高いパフォーマンスのクラウドサービスへ移行するには?

[ITmedia]

 クラウドサービスが浸透したことによって活用の幅が広がり、いわゆるWebサービスだけでなく、基幹システムすらもパブリッククラウドへ移行しようという動きが活発化している。

 一方で、基幹システムはリアルタイムなビジネスインテリジェンスの発掘という重要なミッションも課せられるようになり、それゆえに高いパフォーマンスを有するインフラを選定することが重視されるようになった。

 クラウドの大きなメリットは、条件や環境に応じて柔軟にスペックを選択でき、拡張していくことができる点にある。とはいえ、サービスの内容によっては、自社に必要なスペックを賄えないケースもある。

 クラウドサービスを選定するユーザーは、まず仮想CPU(vCPU)やメモリの量とフラッシュストレージに注目するケースがほとんどだ。だが、ネットワーク性能も見逃してはならない。

 本稿では、特にハイパフォーマンスなコンピューティングを求めるユーザーのために、新しいパブリッククラウドサービスについて紹介しよう。

提供:富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

提供:富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部