Loading
2017年04月21日 10時00分 UPDATE
PR

働き方を変えるために実践から見えてきた、ワークスタイル変革に本当に必要なこと

IT製品を買うだけで「ワークスタイル変革」が実現するのではない。しかし、働き方全体のデザインを考えると、おのずと必要なものが見えてくるという。その真意を取材した。

[ITmedia]

 ここ数年の間で、多くの企業のオフィス風景はがらりと様変わりした。かつては、各社員の机の上にデスクトップPCが鎮座し、それらを有線LANで結んで社内ネットワークを形成していた。それが今では社員が利用するPC端末はノート型が主流となり、ネットワーク環境も有線LANから無線LANへと置き換えが進んでいる。

 現在販売されているノートPC製品は、ほぼ例外なく無線LANを備えている、さらに近年ビジネス利用が急速に進むタブレット端末やスマートフォンに至っては、有線LANポートは備えておらず、当初から無線LAN環境での利用が前提となっている。こうした技術革新を背景に、今多くの企業では自社オフィスの無線LAN環境の整備が急ピッチで進められている。

 無線LANの普及は、実は別の面でも大きな効果を発揮している。近年「働き方改革」というキーワードでも頻繁に取り沙汰されるようになったワークスタイル変革のための欠かせない手段として、無線LANがクローズアップされているのだ。ノートPCやスマートデバイスの機動性をフルに生かした「時間と場所を問わない働き方」を実現するには、やはり無線LAN環境が不可欠になってくる。

 しかし、高品質で安全な無線LAN環境を実現するには、これまではスキルやコストの面で高い壁が立ちはだかっていたのも事実だ。いざ無線LANを大々的に導入したものの、ネットワーク速度が頻繁に低下したり、管理に膨大な手間が掛かったりと、さまざまな課題を抱え込む企業も多いという。では、ワークスタイル変革のために無線LANを導入する際には、どのようなポイントをおさえればいいのだろうか?

提供:株式会社日立システムズ、日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:株式会社日立システムズ、日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部