2017年04月26日 12時00分 UPDATE
特集/連載

PoEをサポート既設配線でLAN性能を向上できる「NBASE-Tイーサネット」とは

NBASE-Tイーサネットは既存の銅ケーブルで最大5GbpsのLAN伝送速度を実現し、ネットワークを再定義する。

[Kevin Tolly,TechTarget]

 さまざまなテクノロジーがあふれる今の世界では、常に変化が起きている。ただし例外もある。

 CPUの速度、ディスクやRAMの容量、無線通信速度などは、ここ数年間でますます向上した。だがネットワークの基本的な要素には1つ、全く変化していないものがある。ギガビットイーサネット(GbE)はいまだにギガビットイーサネットだ。

 確かに、専用サーバとスイッチの接続に10GbE以上を利用することはできる。だがクライアントPCへの基本的な有線LAN接続は1GbEのままだ。2000年代に入る少し前に1GbpsのGbEが登場して以来、今までずっと変わらずにきた。ただし、それも「NBASE-Tイーサネット」までだ。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

ソニーマーケティング、顧客満足度の向上につなげるカスタマーサービスのノウハウを外販
ソニーマーケティングは、企業と顧客との円滑なコミュニケーションをサポートし、顧客満...

news122.jpg

BIからAI(拡張知能)への進化、QlikのCTOが語る
さまざまな洞察を得るため、最適化されたビジュアルを提供するツールへ進化するセルフサ...

news024.jpg

Adobe Systems、テレビ広告運用プラットフォーム「Adobe Advertising Cloud TV」を発表
Adobe Systemsは、データに基づき自動的にテレビ広告のプランニングとバイイングができる...