2017年04月27日 13時00分 UPDATE
特集/連載

NEWS情報セキュリティ予算は増加傾向だが6割は「年間予算無し」――IDC調査

IDC Japanは2017年度における国内企業の情報セキュリティ対策実態調査結果を発表した。情報セキュリティ投資は2016年度に続き2017年度も増加傾向だったが、6割の企業ではいまだに予算化されていないという。

[浦本康平,TechTargetジャパン]
 写真1 2011年度〜2017年度の情報セキュリティ関連投資の前年度と比較した増減率(出典:IDC Japan資料より)《クリックで拡大》

 IDC Japanは2017年4月25日、国内企業673社の情報セキュリティ対策の実態調査結果を発表した。調査実施は2017年1月。回答企業の規模は「3000人以上」が12.3%、「1000〜2900人」が9.8%、「500〜999人」が15.3%、「250〜499人」が16.3%、「100〜249人」が17.8%、「10〜99人」が10.4%、「9人以下」が18.0%。同社は情報セキュリティ投資動向の他、情報セキュリティ被害状況、情報セキュリティ対策ツールの導入状況について報告している。本稿では主に情報セキュリティ投資動向と組織体制に関する結果について、かいつまんで紹介する。

情報セキュリティ投資額は増加傾向

 登坂恒夫氏 IDC Japanの登坂恒夫氏

 調査対象企業における2016年度(各社の会計年度に基づく)の情報セキュリティ投資の増減率は、2015年度と比べ「増加している」と回答した企業が26.9%となり、「減少する」と回答した企業(10.6%)を上回った。2017年度の情報セキュリティ投資見込みについても、2016年度を上回ると回答した企業(32.1%)が「減少する」と回答した企業(10.1%)を上回り、全体として情報セキュリティ投資は増加傾向が続いている。

 セキュリティ投資を増やす企業が重点的に投資しようと計画している項目は「ユーザープロビジョニング(ユーザーアカウントの追加や削除に関する管理ツール)」「ネットワークセキュリティ」「認証システム」などが上位に挙がった。2015年度はモバイルセキュリティ(ウイルス対策)やモバイルデバイス管理、2016年度はウイルス対策や脆弱(ぜいじゃく)性管理が上位に挙がっており、年度ごとに上位に挙がるセキュリティ投資対象は異なる。「2017年度は企業がクラウドサービスに注目しつつあることから、ID管理や認証セキュリティなどのニーズが高まっているのではないか」と、IDC Japanのソフトウェア&セキュリティリサーチマネージャーである登坂恒夫氏は分析する。

6割の企業は「情報セキュリティの決まった予算は無し」

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

スターバックス コーヒー ジャパンが考える「差別化」と「エンゲージメント」の意味
2017年6月に行われた「CMO Japan Summit 2017」の中から、スターバックス コーヒー ジャ...

news032.jpg

セキュリティカメラを活用したCRMシステム、ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドが提供
ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドは、マーケティング領域での連携サービ...

news130.jpg

「価値観」を軸にした広告クリエイティブ最適化へ、4社でコンソーシアムを設立
AOI TYO Holdingsとアマナ、シナジーマーケティング、DICの4社は、属性より「価値観」を...