2017年04月27日 15時00分 UPDATE
特集/連載

DevOps環境に適応Googleのプログラミング言語「Go」のメリット、その今後

プログラミング言語「Go」や「サイト信頼性エンジニア」(SRE)という新しい職種など、Googleは着々とDevOps文化への貢献を果たしている。ただし、まだ道のりは長い。

[Paul Korzeniowski,TechTarget]

関連キーワード

Google | プログラミング


Google GoのWebサイト《クリックで拡大》

 最近のIT部門は、新しいプログラミング言語への関心を高めている。ビジネス部門からサービスのスピードと俊敏性を向上させることへのプレッシャーが高まっているからだ。そうした中、Googleのプログラミング言語「Go」が特に運用者側で支持を集めている。

 現在人気のプログラミング言語はほとんどがオブジェクト指向のプログラミングモデルをベースとし、OSなどのシステムコンポーネントと密接に結び付いている。既存のプログラミング言語の多くは、開発者が望むほどにはモジュール化されていないのが現状だ。モジュール化されていれば、プログラムを小さな要素に分割し、迅速に処理することができる。

 Goは、そうした従来のプログラミング言語の弱点の解消を目指し、Googleエンジニアのロバート・グリースマー氏、ロブ・パイク氏、ケン・トンプソン氏が2007年に開発したインフラストラクチャランタイム言語だ。Go言語の設計はある意味、仮想化の仕組みと似ている。仮想化システムは抽象化レイヤーを使用し、アプリケーションをハードウェアから分離する。

 Goはモジュール型のプログラミング言語だ。特に指定されない限り、実行ファイルは外部依存関係なしで自律的に動作する。最近のアプリケーションはサイズが大きく、複雑で、処理が複数のシステムにまたがる。Go言語はモジュール性を備えているので、大量の並行処理が可能であり、Webサーバやコンテナなど分散型のネットワークサービスでの実行を高速化できる。

 GoogleがGo言語で目指したのは、「Python」のような動的言語の開発速度と、「C」のようなコンパイル言語の実行速度と安全性を組み合わせることだ。Go言語は柔軟性が高く、軽量で、ユーザーフレンドリーなシンタックス(構文)を備え、コンパイルが速く、スケーラビリティを備える。

 その結果として、Go言語は徐々に支持を広げ、システムインフラストラクチャのプログラミングやコンテナに依存する大きくて複雑な新しいアプリケーションの開発で力を発揮している。市場調査会社RedMonkが毎年発表しているプログラミング言語の人気ランキングで、Go言語は2015年に初めてトップ20入りを果たし、2016年には15位に上昇、2017年第1四半期には15位を維持している。

今後の課題

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...