2017年05月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

伝家の宝刀「広告ブロック」は抜くべきかiPhoneとiPadを安全で快適に使うための5つのTips (1/3)

iPhoneとiPadのユーザーがメールのセキュリティとWebブラウジングのプライバシーを確保するために取ることができる5つの対策をおさらいしよう。

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

VPN | iPhone | Apple | iPad | iOS


iPad-Blank-1

 最近、米国連邦議会は、ISP(インターネットサービスプロバイダー)がユーザーのオンライン活動に関する情報を追跡して販売することを合法化した。幸いなことに、メールのセキュリティとWebブラウジングのプライバシーを確保するために取ることができる対策はある。

 ただし、あなたのオンライン活動に関する情報を追跡して販売しているのがISPだけではないことに留意されたい。広告を使用してあなたがアクセスしたWebサイトを追跡して、あなたの嗜好に関するプロファイルを構築している広告ネットワークは数多く存在している。幸い、ISPによる追跡をブロックすれば、このようなプライバシー侵害も抑制されることになる。

 Appleの「iPhone」と「iPad」を使用している方には朗報がある。それは、これらの「iOS」デバイスでは、本稿で紹介する手順に従うことで簡単に安全を確保できることだ。ただし、オンライン活動の追跡をどの程度許可するかは、あなた次第だ。

DNSの設定を変更せよ

 この手順は少し専門的だと感じるかもしれないが、非常に簡単に実装できる。DNS(ドメインネームサービス)サーバを変更すると、ISPによる追跡を防げるため、プライバシーを確保する上で大いに役立つ。

 DNSサーバは、私たちが使用する一般的な名称をコンピュータが使用するIPアドレスに変更する。例えば、「TabletPCReview.com」というURLを「206.19.49.82」というIPアドレスに変更するといった具合だ。ISPに接続しているときには、デフォルトでISPのDNSサーバが使用される。そのため、ISPにとって、あなたが閲覧したWebサイトを追跡するのは造作もないことだ。

 幸い、DNSサーバの設定は簡単に変更できる。iPhoneまたはiPadで「設定」「Wi-Fi」の順に移動して、接続中のワイヤレスアクセスポイントを確認して欲しい。接続中のアクセスポイントの横には青いチェックマークが表示されるので、簡単に確認できる。次に、接続中のアクセスポイントのすぐ右側に表示されている丸で囲まれた青い「i」をタップしてみよう。この操作によって設定が表示されるが、そのほとんどは無視して構わない。変更するのは「DNS」という設定で、これを「208.67.222.222」に変えてほしい。なお、前後にスペースを追加する必要はない。

画像画像

 これで、あなたの行動を追跡している可能性があるISPのDNSサーバを、OpenDNSが提供するDNSサーバに切り替える手順は完了だ。OpenDNSは、ユーザーのプライバシーを非常に重視しており、情報を外部の第三者と共有しないことを保証している。

プライバシーが確保されるモードで検索せよ

       1|2|3 次のページへ
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

マイクロアドとソフトブレーン・フィールドがO2Oマーケティング事業を開始
マイクロアドはソフトブレーン・フィールドと提携してオンラインから実店舗への来店集客...

news015.jpg

テレビCMを見ているとき、「脳」に何が起こっているのか?──ダイドードリンコのCM評価事例
脳科学の知見を応用して顧客の本音を探る「ニューロマーケティング」。今回はダイドード...

news019.jpg

情報格差の時代をサバイブするのは誰か?
子育てを終えた女性が思うこと、シニア世代の買い物事情、新入社員の不安な胸の内に改正...