Loading
2017年05月31日 10時00分 公開
PR

中堅・中小企業こそ注目すべきHCI【前編】ハイパーコンバージド選びで最重要なストレージ技術“3つのキーワード”は

サーバやストレージを1つの筐体で提供するハイパーコンバージドインフラが注目されている。どのように製品を選ぶべきか。チェックしたいのは3つのキーワードだ。

[ITmedia]

 「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)」は、企業システムを構築するためのプラットフォームとして、広く認知されるようになった。サーバやストレージ、ネットワーク、仮想化ソフトウェア、管理ツールなど認定された製品を最適に組み合わせて提供される。従来のように、各種物理環境を調達し、相性問題に悩まされながら、時間をかけて一から構築するというような手間は必要ない。納入されたその日から、利用を開始できる。

 またHCIは、共有ストレージを持たずに済む「ストレージ仮想化技術」が採用されているため、小規模な環境から安価に始めることができるのが特長だ。そのため、HCIに注目する中小規模のユーザー企業が急増している。

 では、そうした中小規模環境では、どのようなHCI製品を選べばよいのだろうか。HCIは、何を選んでも大きな差のない製品のように思えるが、コンセプトやアーキテクチャの他、保守サポートなどのベンダーサービスに着目すると、選定ポイントが見えてくる。

提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社、ヴイエムウェア株式会社、株式会社日立システムズ

提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社、ヴイエムウェア株式会社、株式会社日立システムズ
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部