Loading
2017年06月02日 10時00分 UPDATE
PR

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供WebキャストIoTの最前線を徹底解説:エッジコンピューティングにどう取り組むべきか?

モノに近い場所でデータを処理できるエッジコンピューティングにより、IoTがもたらす価値はさらに高まっている。これにより、ビジネスはどのように変わっていくのか。主要ベンダーの取り組みを基に、最前線の動きを紹介する。

[ITmedia]

「HPE Discover Forum オンライン 2017」の注目Webキャスト

 新たなビジネス価値を生むものとして期待されるIoT。モノをネットワークと接続するだけでなく、モノが生成したデータをクラウドやデータセンターを介することなく処理するエッジコンピューティングが可能になってきたことで、製造業や医療、小売業などでIoTの利用が拡大している。

 製造業はもともとIT化が進んでいる業界だが、IoTはそれをさらに進化させる。製造現場から配送、店舗までのモノ、人、場所をネットワークでつなげて管理・把握するとともに、その情報を生かして分析や自動化、顧客との関係強化などの価値を引き出せるようになる。

 一方、IoTは裾野の広い技術のため、ベンダー単体ではその全体像をカバーしきれない。主要ベンダーでは、パートナーとエコシステムを形成し、IoTに応じたプラットフォームやセキュリティ、そもそもIoTをどうビジネスに活用すべきかというコンサルティングを含めて提供しようと動き出している。IoTの最前線を詳しく見てみよう。

「HPE Discover Forum オンライン 2017」とは?

 登録制のオンラインフォーラムです。みなさまがお持ちのTechTargetジャパン会員情報で、HPE Discover Forum オンライン 2017のコンテンツをご覧いただけます。


photo

※TechTargetジャパン メンバーシップにログインした状態で以下の個人情報の取り扱いへのご同意とアンケートにご回答の上、[次へ]ボタンをクリックすると、「HPE Discover Forum オンライン 2017」への登録が完了します。
 登録完了後、「HPE Discover Forum オンライン 2017」にご登録のメールアドレスでログインの上、メニューページにてご希望のコンテンツをお選びください。
 本Webキャストはコンテンツタイトル「IoTを加速するエッジコンピューティング」よりご覧ください。