Loading
2017年06月02日 10時00分 UPDATE
PR

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト低機能のIoTデバイスを守る方法は? 有線/無線のセキュリティ施策を解説

IoTやワークスタイルの多様化といったビジネス変革に対応できるネットワークセキュリティ対策が求められている。だが、巧妙化するサイバー攻撃に加えて、それらをカバーにするには課題が山積している。どう解決すればいいのだろうか。

[ITmedia]

「HPE Discover Forum オンライン 2017」の注目Webキャスト

 近年、セキュリティ対策のトレンドは、脅威の侵入を前提とした「封じ込めと制御」にシフトしつつある。一方で、導入が急速に進んでいるIoTデバイスは、まだ低機能であり、このように高度な対策を取ることは困難だ。加えて、ワークスタイルの多様化もIoTセキュリティのハードルを高める要因となっている。

 このため、ワークスタイルの多様化やIoTをカバーできる新たなネットワークセキュリティが求められている。そこで重視すべき課題が、ネットワーク上にある「デバイスの把握・識別」、BYODやIoTなどのデバイスやネットワークに関するポリシーを適用する「エンフォースメントオプション」、従業員やゲストなどの多様なメンバーの効率的な「ユーザー認証」の3つだ。

 中でも注目されるのが、有線エンフォースメントオプションだ。この技術により、信頼性の高い無線通信規格「IEEE 802.1X」に対応できないIoTデバイスをカバーし、その識別や制御を可能とする製品も現れている。本コンテンツでは、こうした次世代ネットワークセキュリティを実現する製品を紹介する。

「HPE Discover Forum オンライン 2017」とは?

 登録制のオンラインフォーラムです。みなさまがお持ちのTechTargetジャパン会員情報で、HPE Discover Forum オンライン 2017のコンテンツをご覧いただけます。


photo

※TechTargetジャパン メンバーシップにログインした状態で以下の個人情報の取り扱いへのご同意とアンケートにご回答の上、[次へ]ボタンをクリックすると、「HPE Discover Forum オンライン 2017」への登録が完了します。
 登録完了後、「HPE Discover Forum オンライン 2017」にご登録のメールアドレスでログインの上、メニューページにてご希望のコンテンツをお選びください。
 本Webキャストはコンテンツタイトル「IoTを安全に進めるための、スマートアクセス制御による有線および無線ネットワークのセキュリティ施策」よりご覧ください。