2017年06月20日 05時00分 UPDATE
特集/連載

802.11ac Wave 2アクセスポイントを導入狙いはモバイルとIoT 米国医療機関がArubaの無線LAN製品を選んだ理由

Medical Center Health System(MCH)はCisco SystemsのWi-Fiネットワークをリプレースし、Aruba NetworksのWi-Fiネットワークに移行した。その目的と導入効果とは?

[Eamon McCarthy Earls,TechTarget]
Medical Center Health System Medical Center Health SystemのWebサイト《クリックで拡大》

 米国テキサス州西部で最大級の規模を誇る医療センターであるMedical Center Health System(MCH)は、Wi-Fiネットワークをリプレースした。その目的は、職員と来院者をサポートし、アプリケーションを追加するのに十分な容量を確保することだ。また、職員と機器を追跡するモノのインターネット(IoT)戦略の実現に備える狙いもあった。

 テキサス州オデッサにあるMCHは、人口16万人のオデッサの各地に28棟の建物を所有している。同医療グループが運営する病院は400以上の病床を備え、テキサス州西部の過疎地17郡を網羅している。その病院であるMCH Odessaでは堅牢なワイヤレスネットワークの基盤を必要としていた。このワイヤレスネットワークは、需要と要件の変化に合わせて拡張できる必要もあった。なお、この新しいネットワークではMCH Odessa全体で、最大2500人のユーザーを同時にサポートすることができる。

新しいWi-Fiネットワークの選択

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...