2017年06月20日 05時00分 公開
特集/連載

今、企業のCTOが欲しい人材「クラウドセキュリティ最高責任者」と今までの「CISO」は何が違うのか? (2/2)

[Jason Sparapani,TechTarget]
前のページへ 1|2       

CISOの再考

 「クラウドセキュリティ最高責任者の役割はCISOと似ている。事業が進行する中でIT資産を確実に保護するための計画を立てるのが、その務めだ」とアレクサンダー氏は説明する。しかし、従来のCISOが携わっているのは、自社のIT管理作業である。具体的には、セキュリティの予防措置を適用したり、テクノロジーベンダーとの関係を管理したり、他部門と協働してセキュリティの均衡と抑制が取れるようにするなどだ。

 それとは対照的に、新しいクラウドセキュリティ職であるクラウドセキュリティ最高責任者がでも優先すべき使命は、セキュリティをクラウドプロバイダーのサービスに組み込むことだ。その次に、責任の対象と所在の明文化する協定の作成や、顧客関係の維持という使命があるとアレクサンダー氏は語る。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。

news082.jpg

統計家・西内 啓氏が語る「エビデンス」の力
統計学ブームに火を付けた西内 啓氏が、「エビデンス」に基づく意思決定の重要性について...