2017年06月20日 05時00分 UPDATE
特集/連載

「FileMaker」ベースの電子カルテ相武台脳神経外科が構築した電子カルテ 「開発しながら運用」がもたらす満足度とは (1/2)

相武台脳神経外科は2014年に、開院当初に利用していた電子カルテから、新しいシステムとして「FileMaker」ベースの電子カルテ「ANNYYS_Developer版」へ移行した。その選定理由とは。クリニック院長に聞いた。

[渡邉利和, TechTargetジャパン編集部,著]
相武台脳神経外科 相武台脳神経外科

 相武台脳神経外科は、2011年に開業した神奈川県相模原市に所在するクリニックだ。同クリニックは2014年に、開院当初に利用していた電子カルテから、新しいシステムへの移行を経験した。

 医療機関にとって、使いやすい電子カルテを選定することは重要な課題だ。しかし同じ電子カルテを長く愛用していても、いずれはリプレースを検討する場面が訪れる。その理由は、ハードウェアの故障や不具合はもちろん、モバイルやクラウドといった進化の早いITトレンドへの対応など、さまざまだ。当然ながらシステムの入れ替えは費用がかかり、スタッフにも大きな負担がかかる。「こんなはずじゃなかった」という思いを抱かないためにも、綿密な準備と計画が必要になる。

 同クリニックが電子カルテの乗り換えを決意した、いきさつは何だったのだろうか。乗り換えの前後で現れた課題に対し、どのように取り組んだのか。院長の加藤貴弘氏に話を聞いた。

相武台脳神経外科の概要

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...