2017年06月28日 05時00分 UPDATE
特集/連載

IT部門のChrome採用を後押しするか「Edge」「IE」離れを本気で狙うGoogleの「Chrome Enterprise Bundle」とは? (1/2)

Googleの「Chrome Enterprise Bundle」は、同社のWebブラウザ「Chrome」をIT部門が管理する助けになる。組織が「Microsoft Edge」「Internet Explorer」(IE)から離れる1つの理由になりそうだ。

[Ramin Edmond,TechTarget]
画像 Chrome Enterprise Bundleで「組織向けWebブラウザ」としてのChromeの利用は広がるか

 Googleの組織向けツール群「Chrome Enterprise Bundle」は、組織が選択できる安全性の高いWebブラウザの候補として、同社のWebブラウザ「Chrome」を位置付ける。エンドユーザーには歓迎され、IT部門にとっては管理が容易になる。

 2017年5月にGoogleがリリースしたChrome Enterprise Bundleは、Chrome本体と、Chromeのビジネス用途向けツールをダウンロード可能にするパッケージだ。IT管理者はChrome Enterprise Bundleを利用することで、Chromeに対して200種類以上のポリシーを適用できるようになる。例えばWebサイトのブラックリスト化やコンテンツフィルタリング、2段階認証といった機能を有効化することが可能だ。組織に対してChromeを管理しやすくして、Microsoftの「Microsoft Edge」(以下、Edge)や「Internet Explorer」(以下、IE)といった、組織でよく利用されているWebブラウザからの離脱を進めたい考えだ。

 どんなWebブラウザであれ、その管理はエンドユーザーの行動をコントロールする上で重要な役割を果たす。「エンドユーザーがダウンロードできる機能や行動追跡機能を無効にできる意味は大きい」。発達障害者を支援するTri-Counties Regional Centerの最高技術責任者(CIO)、ドミニク・ナムナス氏はそう語る。

Google対Microsoftのブラウザ戦争

       1|2 次のページへ
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...