2017年06月28日 05時00分 UPDATE
特集/連載

IT部門のChrome採用を後押しするか「Edge」「IE」離れを本気で狙うGoogleの「Chrome Enterprise Bundle」とは? (1/2)

Googleの「Chrome Enterprise Bundle」は、同社のWebブラウザ「Chrome」をIT部門が管理する助けになる。組織が「Microsoft Edge」「Internet Explorer」(IE)から離れる1つの理由になりそうだ。

[Ramin Edmond,TechTarget]
画像 Chrome Enterprise Bundleで「組織向けWebブラウザ」としてのChromeの利用は広がるか

 Googleの組織向けツール群「Chrome Enterprise Bundle」は、組織が選択できる安全性の高いWebブラウザの候補として、同社のWebブラウザ「Chrome」を位置付ける。エンドユーザーには歓迎され、IT部門にとっては管理が容易になる。

 2017年5月にGoogleがリリースしたChrome Enterprise Bundleは、Chrome本体と、Chromeのビジネス用途向けツールをダウンロード可能にするパッケージだ。IT管理者はChrome Enterprise Bundleを利用することで、Chromeに対して200種類以上のポリシーを適用できるようになる。例えばWebサイトのブラックリスト化やコンテンツフィルタリング、2段階認証といった機能を有効化することが可能だ。組織に対してChromeを管理しやすくして、Microsoftの「Microsoft Edge」(以下、Edge)や「Internet Explorer」(以下、IE)といった、組織でよく利用されているWebブラウザからの離脱を進めたい考えだ。

 どんなWebブラウザであれ、その管理はエンドユーザーの行動をコントロールする上で重要な役割を果たす。「エンドユーザーがダウンロードできる機能や行動追跡機能を無効にできる意味は大きい」。発達障害者を支援するTri-Counties Regional Centerの最高技術責任者(CIO)、ドミニク・ナムナス氏はそう語る。

Google対Microsoftのブラウザ戦争

       1|2 次のページへ

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。

news135.jpg

カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスが提携
カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスは提携し、テレビCMとデジ...