Loading
2017年06月30日 10時00分 UPDATE
PR

デル株式会社提供ホワイトペーパー調査会社が解説するプライベートクラウドのメリット、取るべき最短ルートは?

グローバル企業が積極的に導入を図るプライベートクラウド。TCOをはじめITインフラの管理性や柔軟性などのメリットが高く評価されている。この環境を効率的に実現するには、どんな選択肢を取ればいいのだろうか?

[ITmedia]
画像

 クラウド移行には3つのアプローチがあるといわれる。大規模なパブリッククラウドサービスの利用、既存ハードウェアを使った自社内プライベートクラウドの構築、そして、クラウド構築に必要な機能を備えたコンバージドインフラの利用だ。

 調査会社Forresterによれば、グローバル企業のうちプライベートクラウドを導入済みないしは、導入予定の企業は60%以上に及ぶという。これほど積極的な理由は、TCOをはじめITインフラの管理性や柔軟性、災害対策、拡張性などのメリットを重視しているからだ。

 そのプライベートクラウドを構築するためにForresterが「最短ルート」として重視するのが、クラウドに必要な機能を備えるコンバージドインフラの導入だ。アプリケーション開発の生産性やインフラストラクチャコスト、IT運用効率などにどのようなメリットをもたらすのか、詳しく見ていこう。

画像

Intel Inside®
新たな可能性を切り拓く


最新のインテル® Xeon® プロセッサーは、新しいエンタープライズ・アプリケーション、科学技術計算、通信、ストレージ、クラウド、ビッグデータ分析など、さまざまな用途に、性能、電力効率、仮想化、セキュリティーの面で大きなメリットを提供し、IT部門の課題解決を支援します。

Intel、インテル、Intelロゴ、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationの商標です。


インテル® Xeon® プロセッサー搭載