2017年07月05日 05時00分 UPDATE
特集/連載

プライバシーとのバランスも必要だが……小売業界にIoTがあれば、何が分かるようになる?

物理的な店舗におけるモノのインターネット(IoT)の活用に注目が集まっており、ネットワークにつながる商品も増えつつある。小売業界のIoT活用はどのような方向性に進むのだろうか。

[Guy Courtin,TechTarget]

 探そうと思えば解決したい問題はいくらでもある。だが、モノのインターネット(IoT)の用途となると、製造や物流、倉庫管理といった分野ではかなりの数の活用法が既に出尽くしている。アセット追跡や予知保全、製造工程の改善から新しいビジネスモデルまで、これらの分野ではIoTの導入が既に成果を上げている。これに対し、消費者サイドや小売業のIoT活用はどうなっていくのだろうか。

 小売業はIoTの進化に出遅れた感があるが、いつまでも傍観している手はない。長期的に見れば、IoT技術は小売企業とサプライチェーンに大きな利益をもたらすはずだ。小売業の店内と商品にどのようなIoT活用法があるか検討してみよう。

店内

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...