2017年07月10日 05時00分 UPDATE
特集/連載

医療機関の事例で考えるハイパーコンバージドインフラ vs. コンバージドインフラ、注目製品の長所と短所は

注目を集めるハイパーコンバージドインフラとコンバージドインフラ。医療機関の事例をベースに、それぞれの長所と短所を解説する。

[Wendy Johnson,TechTarget]

関連キーワード

IAサーバ | サーバ仮想化 | 垂直統合


ハイパーコンバージドインフラの特徴(TechTargetジャパン記事「ズバリ、ハイパーコンバージドを導入する3つのメリット」から)《クリックで拡大》

 Baystate Healthは、2014年にデータセンターを新設する850万ドルのプロジェクトに着手した。その時、病院システムのリーダーたちは、まだ医療分野ではやや最先端とされていた別の道を切り開くことを最終的に決めた。そして、そのプロジェクトを却下し、仮想化ハイパーコンバージドインフラ(HCI)環境を構築したのである。

 他の病院がインフラの必要性に目を向けるにつれて、HCIとコンバージドインフラ(CI)のアプローチを調査すると、検討すべきさまざまな選択肢が見えてきた。

 米マサチューセッツ州スプリングフィールドに拠点を構えるBaystateは、幾つかの課題を抱えていた。1つは、医師とスタッフたちにフレキシブルで高性能なテクノロジープラットフォームを提供すること。2つ目は、運用コストと初期コストの上昇を抑えること。そして3つ目は、現在と将来的に必要な需要に対応することだ。

 新しいデータセンターを新設した場合に必要と思われる膨大な資金、スペース、冷却装置、電力を検討した結果、Baystateはデータセンターの新設を取りやめた。そして、従来の独立したストレージ、コンピューティング、ネットワークの要素を1つのソフトウェア駆動型のHCIアーキテクチャに取り換えることにした。このセットアップによって、これらの要素が多数のアプライアンス(ノード)に仮想化されて1つにまとまる。そう語るのは、Baystateの暫定最高技術責任者(CTO)としてこのプロジェクトを統率し、ITコンサルティング会社のVertitechITで社長とCEOを兼務するマイク・フェルド氏だ。

 Baystateの前最高情報責任者(CIO)は、予測可能な線形費用になるソリューションを探していたため、成長に応じて支払うというHCIの機能を気に入っていた。というのも、HCIのアーキテクチャにノードを追加するだけで拡張できるからだ。「前CIOは、BaystateのIT機能を拡張して進化させるためには、テクノロジーについて非常に重大な賭けに出なくてはならないことを分かっていた」とフェルド氏は振り返る。

ストレージコストの削減と建設コストの節約

 その賭けが功を奏した。Baystateは、HR、画像、メール、アカウント、たくさんの臨床アプリケーションや臨床システムなどの巨大なプラットフォームを移行した。にもかかわらず、ストレージコストは半減し、建設コストの350万ドルを節約し、ストレージ以外のハードウェアのコストは20%減ったとフェッド氏は話す。現在、Baystateは700TB近くのデータを保有している。なお、このデータは、3つのデータセンターにある40台以上のHCIアプライアンスに統合している。

 また、この新たなITインフラには、半径130キロの範囲にある医療システムに約8000台の仮想デスクトップを展開している。その結果、Baystateの医師や管理関係者がどのデバイスからでもいつでも簡単にネットワークに接続して、中断した時点から迅速に復旧できるようになった。

 さらに、HCIのセットアップでは、保守に必要なIT専門家が少なくて済む。そのため、ようやくウェイファインディングテクノロジーやテレメディスンのようないつも遅れがちだったプロジェクトに対応するための人員を確保できるようになった。

HCIに期待される爆発的な成長

 まだ初期段階にあると見なされているが、HCIのグローバル市場は急成長を遂げている。2015年には市場規模が8億500万ドルだったが、2016年には15億ドルにまで拡大した。調査会社のIDCによれば、2019年までには約40億ドルに達する見込みだという。

 Stratistics MRCの調査では、医療機関によるテクノロジーの導入は比較的遅れていることが判明している。ただし、医療業界では、スケーラブルなストレージ、災害復旧、電子化された患者情報への仮想データアクセスを求めてHCIの導入が進んでいる。

ハイパーコンバージドとコンバージドの長所、短所

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...