2017年07月18日 05時00分 UPDATE
特集/連載

雇用創出やセキュリティ面の協力もAI導入へ eBayがAmazonやGoogleと協力する理由

AI(人工知能)自社導入の準備を整えるため、eBayなど大企業数社がグループを組み、競合を二の次にして課題解決に取り組んでいる。eBayIT部門の関係者がTechTargetのインタビューに応じ、グループ加入に踏み切った理由を説明する。

[Ed Burns,TechTarget]
画像 AI導入に伴うリスクと可能性の両面を見据える

 ビジネスアプリケーションの分野では、AIが急成長している。いずれAIがビジネスの常識や可能性を大きく広げるという発想から、ハイテク界の大手企業数社が、AI活用のためのパートナーシップ「Partnership on AI」を設立した。同パートナーシップは、プライバシーの保護や不正利用の防止、雇用の均等な分配など、AI導入のリスクに備えるべき分野に焦点を当て、社会問題の解決にもAIを積極的に活用することを目指している。

 同パートナーシップは、グループ創立メンバーであるAmazon、Facebook、Google、Microsoft、IBMから規模を広げた。オンラインオークション大手であるeBayは2017年5月、同グループへの加入を発表した。現在、同社は同グループの最新メンバーだ。

 今回、eBayの主席アーキテクトを務めるサンジーヴ・カタリヤ氏は、TechTargetのインタビューに応じた。同氏は、同社がグループへの加入を決断した理由に、既存の自社事業にAIを導入する例が増えた点や、今やAIが企業の倫理保持のニーズに応える水準に達した点を挙げる。

TechTarget(以下TT):eBayは、パートナーシップへの加入によって何を得ようとしているのか? 競合する企業同士で協業しているのはなぜか?

サンジーヴ・カタリヤ氏(以下カタリヤ氏) :私たち企業が集まって議論をするのは、AIのある社会で「集合知」を集積するためだ。私たちは、考えられる限りの努力を通して個人や政府機関と情報を交換し、人間社会に役立つ最良のAI導入を実現する。

eBayが見据えるAI導入の未来とは

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...

news035.jpg

スパイスボックスがAIを活用したフォロワー獲得サービス、ブランドと親和性の高いユーザーに「いいね!返し」
スパイスボックスは、AIスタートアップ企業AIQが蓄積するInstagram約700万アカウントのプ...