2017年07月24日 05時00分 UPDATE
特集/連載

期待が高まる「医療AI」分野AIで医療はどう変わる? 専門家が実例を語る

医療サービス提供者や製薬会社などの医療機関は、個人に最適な介護サービスや治療後の処置を提供するために、高度なAIテクノロジーの使用に乗り出している。

[Shaun Sutner,TechTarget]

関連キーワード

医療IT


 コンサルティングとサービスを提供するSapient Healthでマネージングディレクターを務め、医療AIの専門家でもあるピーター・ボーデン氏は、医療機関が革新的なAIテクノロジーを医療エコシステムで活用するのをサポートしている。

 本稿では、ボーデン氏が、医療AIの活用が臨床試験と、患者個人の特徴やポピュレーションヘルス(総合的な健康情報活用プラットフォーム)を利用して退院後の指示をカスタマイズする作業にどう役立つのかについて語る。

――医療分野で高度なAIを活用できるユースケースには、どのようなものがありますか。

ボーデン氏 当社が大きな期待を寄せているのは臨床診断だ。臨床診断にAIを活用することは、非常にワクワクする状況だ。デジタルパソロジー(デジタル病理画像による病理診断)とAIの組み合わせは、かなり衝撃的なサービスだ。

 当社は、この拡大する市場と個人の健康診断に対してチャンスがあると考えている。これは私の個人的な見解だが、今後の個人の健康診断は、従来の医療分野で考えられてきたものとは異なると考えている。

――患者が病院から他の環境に移るとき、新たな形の医療AIは移行期の治療にどのような影響を及ぼすと思われますか。

ボーデン氏 今よりずっと個人の状況に即した退院プランを策定するためにAIを使用することができる。患者に必要なサポートと、患者が受けているサポート、患者と関わりを持つことができるコミュニティー、家族、ケアチームのメンバー、彼らがどのように患者と関わりを持つことができるのか。都市部と地方のどちらに住んでいるのかというような情報に基づいてプランを策定できる。

――医療AIは、社会的、経済的な要因も考慮にいれることが可能でしょうか。

ボーデン氏 もちろん。何らかのプランに基づいて退院しても、それが患者の生活状態に合っていないこともある。AIは、特定の患者に対して提供すべきサービスを見つけるのに役立つ。例えば、患者が通院するために送迎サービスが必要な場合もある。

 ただし、患者に対してアラートやお知らせを送る際には、その方法がとても重要になる。手段に気を付けなければならない場合もあれば、言葉の使い方に気を付けなければならない場合もある。そのため、メッセージを伝える際には、その患者のこれまでの行動や性格をよく理解し、そのメッセージがどう影響するかをよく考えることが重要だ。Fitbitのアプリのようにフランクに人にメッセージを伝えるのか、内向的な人の場合にはどのように伝えるのかなどを考える必要がある。

 臨床データとアクセスデータを行動データと組み合わせると、このような個人の状況に応じて対応を変えることができる。

――感情知性(Emotional Intelligence)は医療AIを活用する上でどのように役立ちますか。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news116.jpg

読売巨人軍がマーケティングプラットフォーム「b→dash」を導入
読売巨人軍が、フロムスクラッチのマーケティングプラットフォーム「b→dash」の導入を決...

news100.jpg

IDOMが挑むモバイルWebサイトの表示速度改善、具体的なノウハウと効果は?
前回に引き続き、中古車買い取り・販売の「ガリバー」におけるWebサイトの表示スピード改...

news087.jpg

WACUL、人工知能を活用したWeb改善ツールに「毎日の成果管理」機能を追加
WACULは、人工知能によるWebサイト分析ツール「AIアナリスト」に新機能「毎日の成果管理...