2017年07月26日 05時00分 UPDATE
特集/連載

開発現場を前進させる「FaaS(Function as a Service)」「サーバレス」に“向く作業”と“向かない作業”の見分け方

AWS Lambdaに代表される「サーバレスコンピューティング」、または「FaaS(Function as a Service)」は、開発の現場を大きく前進させ得る。FaaSの真価を引き出すために外せない要点について、専門家が語る。

[Joel Shore,TechTarget]
画像 MicrosoftやGoogle、IBMなども次々とFaaS製品を発表した

 FaaS(Function as a Service)(注)は、数ある“○○ as a Service”の中でも新しく、“サーバレスコンピューティング”とも呼ばれる。Red Hatでミドルウェア担当シニアディレクターを務めるリッチ・シャープルズ氏にFaaSについて話を聞いた。

※注 ユーザーがサーバインスタンスを指定または予約することなく、コンピューティングリソースやコンピューティング機能を利用できるサービス

FaaSのもたらすメリットは何か?

 「FaaSは、開発者がサーバやOS、プロビジョニングなどを気にせず、アプリケーションの機能に専念できるようにするサービス。インフラストラクチャ関連の部分を、ユーザーが心配すべき部分から全て切り離す」と、シャープルズ氏は話す。業務向けロジックの実行を効率化したい企業にとっては、3層アーキテクチャからモノリス(大きな単一の)へ、さらに同氏が「いま注目のバズワード」と呼ぶマイクロサービスへ移行する助けにもなるだろうだろう。2017年現在、サーバレスコンピューティングによって、アプリケーション機能を分離し、同機能を実行した時間にだけ課金する、細分化型課金サービスが実現している。「サーバ全体をリースする必要がなくなり、アプリサーバも用意しなくていい。目的の作業を実行した時間分の使用料だけが課金される。単位はわずか10分の1秒単位だ」とシャープルズ氏は語る。

FaaSが適さない状況とは?

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

インフルエンサーマッチングの「SPIRIT」、優良インフルエンサーのみのネットワーク構築へ会員数を2万人に制限
LIDDELLは、インフルエンサーマッチングプラットフォーム「SPIRIT」において登録インフル...

news024.png

不正トラフィックが最も多いアプリカテゴリーは「エンターテインメント」と「ニュース」──AppLift調査
AppLiftは、世界的なアドフラウド(広告詐欺)の分布データの調査を実施し、そのレポート...

news025.jpg

デジタルガレージがID-POSデータ連動型広告運用サービスを開始、店頭での効果可視化へ
デジタルガレージは、ID-POSデータと連動した広告運用サービス「POS UP!-オンライン広告...