2017年08月04日 08時00分 UPDATE
特集/連載

コスト削減は保証されない多くの企業が誤解しているSoftware Defined WANの正しい導入法

Software Defined WAN(SD-WAN)に魅力を感じ、導入を検討する企業が増えている。だが、ほとんどの企業は誤解し、幻想に基づいて判断している。その幻想をぶち壊す。

[Alex Scroxton,Computer Weekly]
Computer Weekly

 Software Defined WAN(SD-WAN)というテクノロジーは、男性用の「細身のスーツ」の流行に似ている。正しく着こなせばフィットする。だが、扱いを誤れば全体的な着心地は悪くなる。

Computer Weekly日本語版 8月2日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 8月2日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 本稿では、WANを更新するに当たり正しい情報に基づいて判断できるように、この新しいテクノロジーの最適な使用方法を紹介する。

 企業がSD-WANに手を出すことに決めるのであれば、ITリーダーはSD-WANを適切に使用するための調整方法を理解しておくことが重要になる。残念ながら、SD-WANの適切な導入には、多くの企業が大きな誤りを犯している。

 具体的には、次のように想定するITリーダーやスタッフが多い。

  • SD-WANに移行すれば、プライベートWANソリューションを全て純粋なブロードバンドインターネット接続に置き換えることができる
  • 最終的にはコスト削減が保証される
  • SD-WANを稼働させ、スムーズな運用を続けるのは難しくない

 では、現実はどうだろう。

 悲しいことに、どれもこれも幻想にすぎない。この一連の誤った想定は、SD-WANを選ぶとハイブリッドWANインフラから解放されるという根本的な誤解から生まれている。

 この想定は現実的ではない。ITチームがビジネスクリティカルなアプリケーションのパフォーマンスを保証する役割を担っているならば、この想定は間違いだ。ベストエフォート型のブロードバンドサービスを経由するSD-WANだけを利用して、パフォーマンスを保証できると期待するのは妥当ではない。

 SD-WANには確かに、接続数が速度に影響するブロードバンド接続の使用時に速度や稼働時間を向上させるテクニックとテクノロジーを幾つか提供する。だが、状況が改善されるとしてもある程度までだ。改善が限界に達すると、サービスの機能停止や機能低下によって非常に時間がかかる可能性があり、ビジネスに悪影響が残る。ブロードバンドプロバイダーの平均修復時間の保証は必ずしも当てにならない。このようなものに投資する余裕はあるのだろうか。

 専用のインターネットアクセスサービスを選んで、ブロードバンド通信の安定したパフォーマンスを確保すれば、アプリケーション要件は確実に満たせる。だが、その場合の問題はコストだ。SD-WANへの移行を、将来的に安価で柔軟なブロードバンド接続を購入することだと考えているなら、予想よりも圧倒的に高くつくことは間違いないだろう。

 パフォーマンスの高いプライベートWAN接続をやめれば浮くだろうと考えていた資金は、突如として失われ始める。

 ネットワークにSD-WANアプライアンスを配置して、その技術の使用を最適化するには、コストだけでなく労力も問題になる。ゼロタッチプロビジョニングのようなSD-WANの機能は、確かに運用効率を上げる。だが、その効果が表れるのは、ネットワークアーキテクトを雇用し、アプリケーションの全てのパラメーターを事前に設計して、中央のオーケストレーション機能にプログラミングすることで、そのパラメーターをSD-WANハードウェアにダウンロードできるようにしている場合のみだ。

 そして、構成に変更や追加が必要になるたびに、ネットワークアーキテクトの手を借りなければならなくなる。また、問題を明らかにして解決するには、世界中のさまざまなブロードバンドインターネットサービスプロバイダーに対応しなければならないとしたら、メンテナンスに関する問題も表面化する。

SD-WANを正しく理解する

 もちろん、SD-WANを正しく扱えるなら、企業にとって素晴らしい選択肢になる。では、正しく扱うにはどうすればよいだろう。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news087.jpg

Webと店頭サイネージを連動する動画広告、マイクロアドデジタルサイネージとCyberBullが提供
マイクロアドデジタルサイネージはCyberBullと共同で、小売店の店頭サイネージと連動する...

news043.jpg

無料DMP「Juicer」とマーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI」が連携
トライベック・ストラテジーは、マーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management」...

news129.jpg

VR/AR利用ユーザーの行動を可視化したマーケティングプラットフォーム、オプトが開発
オプトは、VR/ARを活用したプロモーションのためのプラットフォーム「drop:VR360°動画...