2017年08月08日 05時00分 UPDATE
特集/連載

ライセンスや利用条件を比較実は2つあるWindows Server 2016の中堅向け「Essentials」、違いを比較した

Microsoftの「Windows Server 2016 Essentials」を利用する際、違いが分かりにくい2つの方法がある。だがこの2つには、利用できる環境や条件に大きな違いがある。

[Jonathan Hassell,TechTarget]
画像 2つのEssentialsを比較

 「Windows Server 2016 Essentials」(以下、Essentials)は、サポートが終了したMicrosoftの「Windows Small Business Server」(以下、SBS)に代わる小規模企業向けサーバOSだ。これを利用する際、違いが分かりにくい2つのオプションがある。どちらを利用するかによって、ライセンスモデルや利用できる機能が大きく異なる。

 2つのEssentialsを比較していて混乱するポイントの1つは、それがWindows Server 2016の「役割」(特定機能を実行するためのソフトウェア群)なのか、独立したエディション(SKU:最小在庫管理単位)なのか、という点だ。

 1つ目は、ユーザー企業がEssentialsを独立したエディション(以下、Essentialsエディション)として購入するオプションだ。Essentialsエディションをインストールすると、中核となるWindows Server 2016のOSをインストールし、その後Essentialsエディションとして自動的に構成し、ツールをセットアップする。

 Essentialsエディションは、中小企業や非営利団体など、これまでSBSに魅力を感じていた組織に最適だ。このような組織は、セットアップが簡単で、IT担当者をフルタイムで雇う必要がない既製のキットを望むことが多い。

 2つ目はWindows Server 2016の役割である「Windows Server Essentialsエクスペリエンス」(以下、Essentialsエクスペリエンス)だ。これは、任意のエディションのWindows Server 2016で管理コンソールの「サーバーマネージャー」を開き、「役割と機能の追加ウィザード」で「Windows Server Essentialsエクスペリエンス」を選択することで利用できる。

 Essentialsエクスペリエンスの役割を有効にすると、Essentialsエディションのライセンスモデルを適用することなく、通常のサーバからEssentialsの機能とコントロールパネルを利用できるようになる。Windows Server 2016の、どのDVDやISOイメージにもオプションとしてこの役割を含んでいるため、Essentialsエディションを購入しなくてもEssentialsの機能を利用できる。

Essentialsのメリット

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

消費者の自由裁量所得と使途の状況――NTTコム オンライン調査
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションと立教大学経営学部 有馬賢治研究...

news013.jpg

B2Bマーケティングのラストワンマイル、今こそ再評価したい「電話」の価値
マーケティング全般におけるコールセンターシステムの役割を主軸に、ボイスコミュニケー...

news146.jpg

電通テック子会社の「情報銀行」サービスが始動
電通テック子会社のマイデータ・インテリジェンスは、生活者主導のパーソナルデータ管理...