Loading
2017年08月10日 10時00分 UPDATE
PR

VMware環境をクラウドへ「クラウド移行は何となく不安」から抜け出すためのヒント

漠然とした不安からクラウド移行に踏み出せない企業は多い。分からないから使わない、使わないから分からないという循環から抜け出すべく、必要な知識をまとめて解説する。

[ITmedia]

 クラウド移行のメリットは理解しているが、何となく不安が拭えない――。スモールスタートできて簡単といわれるクラウドだが、これまでと大きく環境が変わるだけに“最初の一歩”が踏み出せないという企業もまだ多いのではないか。特にオンプレミスのVMware環境をクラウド化するとなると、システム規模も大きくなる傾向があり、移行のハードルはさらに上がるように思える。

 しかし、それは本当に事実なのだろうか。クラウド移行で「何が変わり、何が変わらないのか」を理解することで、実はこういった不安の多くは解消できるはずだ。ベアメタル上にVMware環境を構築できる「IBM Cloud」の場合、既存のVMware環境とシームレスに連携したハイブリッドクラウドの実現も可能だという。不安の原因は「何が分からないか分からない」だけなのかもしれない。

 そこで今回は、VMwareに関して豊富なノウハウと経験を持ちvExpertを受賞したIBMのエンジニアの面々に、クラウド移行に当たって理解すべき“違い”から、クラウドの始め方、移行手順などを詳しく聞いた。

(前段左から)IBM 平山 毅氏、安田 忍氏、玉川雄一氏(後段左から)葉山慶平氏、多田勇樹氏
提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部