2017年08月18日 05時00分 UPDATE
特集/連載

Dell EMCやHPE、IBMなどの主要製品をピックアップ主要8社の「オールフラッシュアレイ」製品を一挙紹介 ニーズに合うのはどれ? (1/3)

大手ベンダー8社の主要なオールフラッシュアレイ製品を取り上げ、機能や性能を詳しく紹介する。どの構成が自社のニーズに最も合うだろうか。

[Logan G. Harbaugh,TechTarget]
画像 充実するオールフラッシュアレイを一挙紹介

 全ての容量をフラッシュストレージでまかなうストレージアレイ(ストレージシステム)である「オールフラッシュアレイ」は、企業にさまざまなメリットを提供する。HDDベースのストレージアレイと比べて電力および冷却要件が低いことによるTCO(総保有コスト)の低減や、パフォーマンスの向上などだ。主要なオールフラッシュアレイベンダーは、個々の企業のストレージニーズに対処するため、さまざまな購入オプションを提供している。

 本稿では、以下に示す大手オールフラッシュアレイベンダー8社の製品を見ていく。

  • Dell EMC
  • Hitachi Data Systems
  • Hewlett Packard Enterprise
  • IBM
  • Kaminario
  • NetApp
  • Pure Storage
  • Tegile Systems

 注意していただきたいのは、全てのオールフラッシュアレイベンダーが圧縮機能や重複排除機能を提供するわけではないことだ。これらの技術を組み合わせると、データを大幅に縮小できることがある。例えば大量の仮想マシン(VM)を運用しているシステムで、各VMのイメージデータのうち大半が重複している場合が、それに該当する。一方で暗号化した圧縮動画ファイルは、重複排除や圧縮の効果が現れにくいこともある。

 ストレージアレイ全体の動作を制御する「コントローラー」やノード(ストレージ)は、インタフェースに選択肢があることが多い。例えば8ポートの10ギガビットイーサネット(GbE)アダプター、8ポートのファイバーチャネル(FC)アダプター、16ポートの1GbEボードなどだ。こうしたストレージアレイの多くは、スケールアウトもスケールアップも可能だ。スケールアウトは、単体のコントローラーやコントローラーのペアに、ストレージシェルフ(エンクロージャ)を追加することで実現できる。スケールアップは、コントローラーとストレージのペアを追加し、これらのペアで構成するクラスタを拡張することで実現できる。

 一部のストレージアレイでは、コントローラーペアに追加できるストレージシェルフの数や、クラスタ内のノードの数に制限がある。推奨構成があるストレージアレイや、特段の制限がないストレージアレイもある。これらの場合、ノードの最大数や最大容量を示していない場合がある。

 多くのストレージシャシーは、複数のインタフェースカードを装着できる。例えば40GbEポート2基、10GbEポート4基、1GbEポート12基、32GbpsのFCポート2基、16GbpsのFCポート4基、2/4/8GbpsのFCポート8基をそれぞれ搭載するカードなどを装着可能だ。1つのシャシーで使える総ポート数は2〜128程度である。

 では、大手ベンダー各社のオールフラッシュアレイ製品を見ていこう。

Dell EMC

       1|2|3 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...