2017年08月18日 05時00分 公開
特集/連載

Dell EMCやHPE、IBMなどの主要製品をピックアップ徹底比較:オールフラッシュストレージシステム8社 自社とベストマッチは? (1/3)

大手ベンダー8社の主要なオールフラッシュアレイ製品を取り上げ、機能や性能を詳しく紹介する。どの構成が自社のニーズに最も合うだろうか。

[Logan G. Harbaugh,TechTarget]
画像 充実するオールフラッシュアレイを一挙紹介

 全ての容量をフラッシュストレージでまかなうストレージアレイ(ストレージシステム)である「オールフラッシュアレイ」は、企業にさまざまなメリットを提供する。HDDベースのストレージアレイと比べて電力および冷却要件が低いことによるTCO(総保有コスト)の低減や、パフォーマンスの向上などだ。主要なオールフラッシュアレイベンダーは、個々の企業のストレージニーズに対処するため、さまざまな購入オプションを提供している。

 本稿では、以下に示す大手オールフラッシュアレイベンダー8社の製品を見ていく。

  • Dell EMC
  • Hitachi Data Systems
  • Hewlett Packard Enterprise
  • IBM
  • Kaminario
  • NetApp
  • Pure Storage
  • Tegile Systems

 注意していただきたいのは、全てのオールフラッシュアレイベンダーが圧縮機能や重複排除機能を提供するわけではないことだ。これらの技術を組み合わせると、データを大幅に縮小できることがある。例えば大量の仮想マシン(VM)を運用しているシステムで、各VMのイメージデータのうち大半が重複している場合が、それに該当する。一方で暗号化した圧縮動画ファイルは、重複排除や圧縮の効果が現れにくいこともある。

 ストレージアレイ全体の動作を制御する「コントローラー」やノード(ストレージ)は、インタフェースに選択肢があることが多い。例えば8ポートの10ギガビットイーサネット(GbE)アダプター、8ポートのファイバーチャネル(FC)アダプター、16ポートの1GbEボードなどだ。こうしたストレージアレイの多くは、スケールアウトもスケールアップも可能だ。スケールアウトは、単体のコントローラーやコントローラーのペアに、ストレージシェルフ(エンクロージャ)を追加することで実現できる。スケールアップは、コントローラーとストレージのペアを追加し、これらのペアで構成するクラスタを拡張することで実現できる。

 一部のストレージアレイでは、コントローラーペアに追加できるストレージシェルフの数や、クラスタ内のノードの数に制限がある。推奨構成があるストレージアレイや、特段の制限がないストレージアレイもある。これらの場合、ノードの最大数や最大容量を示していない場合がある。

 多くのストレージシャシーは、複数のインタフェースカードを装着できる。例えば40GbEポート2基、10GbEポート4基、1GbEポート12基、32GbpsのFCポート2基、16GbpsのFCポート4基、2/4/8GbpsのFCポート8基をそれぞれ搭載するカードなどを装着可能だ。1つのシャシーで使える総ポート数は2〜128程度である。

 では、大手ベンダー各社のオールフラッシュアレイ製品を見ていこう。

Dell EMC

 Dell EMCは「Dell EMC Isilon」「同XtremIO」「同VMAX」「同Unity」の4シリーズのオールフラッシュアレイを提供している。「Dell EMC Isilon F800」は、Isilonファミリーのスケールアウト型NAS(ネットワーク接続型ストレージ)だ。シャシー当たりの物理容量は96〜924TBで、ファイル共有プロトコルの「SMB」「NFS」が利用できる。シャシー当たりのノード数は4台で、最大36台のシャシーで144ノードクラスタを構成できる。ハイブリッドモデルも用意する。

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。