Loading
2017年08月23日 10時00分 公開
PR

シームレスな拡張を実現ビジネス変革を加速するストレージ環境のあるべき方向性とは?

デジタル革命が進む現在、あらゆる人とモノはつながり、膨大なデータが生成され続けている。データとアプリケーションを支える新たなストレージ環境とは。

[ITmedia]

 企業ITを取り巻く技術は近年、急速に変化している。中でも大きな変革期を迎えているのがストレージであり、その主流がHDDからオールフラッシュへと急速に切り替わりつつある。

 Forbesが発表した「2017年におけるエンタープライズストレージの5大注目ポイント(Five Things To Watch In Enterprise Storage In 2017)」でも、真っ先に「成長が加速するフラッシュストレージ」というポイントが挙げられている。また、Western Digital CorporationとSeagateという主要HDDメーカー2社も、HDD研究開発の縮小を発表している。

 ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE) データセンター・ハイブリッドクラウドアジアパシフィック部門 CTOのポール・ハーバーフィールド氏は次のように語る。「オールフラッシュストレージと、Software Defined Infrastructure(SDI)、そしてビッグデータとWebスケールのアーカイブによるストレージ変革が、これからのビジネス変革を支えていく」

 具体的にHPEでは、どのようなストレージ環境を目指すのだろうか。それによって企業ITの何がどう変化するのか、詳しく解説する。

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部