Loading
2017年09月08日 10時00分 UPDATE
PR

HCIのパフォーマンスを落とさないためにHCIの“落とし穴”を回避するバックアップ/リカバリツールの選び方

IT基盤を簡単かつ安価に利用できることで注目を集めるハイパーコンバージドインフラ(HCI)のメリットを生かすには、バックアップツール選びも重要なポイントだ。

[ITmedia]

 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)に対する関心がここ数年で急速な盛り上がりをみせている。その理由は明解だ。HCIの大きな特徴は、サーバに搭載されたコンピューティングやストレージ、ネットワークなどのリソースをSDS(Software Defined Storage)などの仮想化技術でプール化して利用する点にある。その結果、ハードウェア構成がシンプルになり、従来のコンバージドインフラ(CI)では必要だったストレージ設計や、運用フェーズでの構成の見直しなどの作業が減るばかりでなく、ライフサイクル全般にわたる手間とコストを格段に抑えられるからだ。

 HCIはサーバの増設によるリニアな拡張も可能で、IT予算が乏しい中堅・中小企業でもスモールスタート運用に乗り出しやすい。また、仮想環境でのアプリケーション利用を前提としており、HCIへのアプリケーション集約と自動化ツールなどの活用を通じ、システム全体の管理性も高められる。ひいては、より簡単かつ安価なIT基盤の導入と活用が可能になるのだ。

 ただし、HCIには思わぬ落とし穴も存在する。この点への配慮を怠った場合には、HCIのメリットが帳消しとなる可能性もある。

 “HCIの落とし穴”とは何か。どんな策を講じるべきなのか。本稿では、それらの疑問を解き明かすことで、HCI環境で目指すべきバックアップ対策の具体像に迫りたい。

提供:Veeam Software Japan株式会社

提供:Veeam Software Japan株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部