2017年08月28日 05時00分 UPDATE
特集/連載

テクノロジーよりも重要なことIoT導入がうまくいかない“本当の原因”とは? 標準化団体幹部に聞く

IoTシステムやデバイスの普及には、標準化やセキュリティなど数々の課題がある。IT業界の大手5社が設立したIoT推進団体の理事が、こうした課題への取り組みについて語った。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

画像 「企業のIoT導入には、優れた人材の確保が必須」と専門家

 あらゆる機器同士がインターネットを介してつながる「モノのインターネット」(IoT)の仕組みに関する知識は、ある程度普及した。ただし企業がIoT関連の取り組みを進める際のセキュリティの確保、標準化、管理体制の強化に関しては、依然として課題が残る。業界の大手であるAT&T、Cisco Systems、General Electric、Intel、IBMは、産業用IoT向けに非営利団体(NPO)Industrial Internet Consortium(IIC)を設立。状況の打開に向けて動き出した。

 IICは、数年かけてテストベッド(試験用環境)を構築するプロジェクトを進めてきた。同プロジェクトは、新たなIoTシステムやサービス、プロセスをテストすることで、IoT製品が特定の環境で既存のテクノロジーと連携する仕組みを監視し、評価することを目的とする。

 IICの常任理事であるリチャード・ソリー氏は、最近開催されたイベント「MIT Sloan CIO Symposium」で講演し、「IoTシステムの特徴は、これまで考えもしなったようなモノ同士を連携させる点にあるが、実行は困難を極める。そもそも、モノの設計は他の機器との連携を想定していないためだ」と語った。IICは、テストベッドを構築することで「このような相互運用の要件を見極め、システムの確実な連携を支えている」と、同氏は説明する。

 ソリー氏は、国際的な標準化コンソーシアムであるObject Management Groupの会長兼CEOも務める。TechTargetは、同イベントでソリー氏にインタビューし、IICの目標をはじめ、標準化がIoTの普及を妨げるかどうかなどについて話を聞いた。あらゆる企業で現在、最高情報責任者(CIO)を務める人々に向けて、同氏からのメッセージを紹介する。以下は、インタビューからの抜粋だ。

―― IICの目標について教えてください。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...