2017年09月03日 05時00分 UPDATE
特集/連載

「HTC Vive」「Oculus Rift」でプレイ「VRゲーム」がもっと快適に楽しめる“一押しノートPC”はこれだ (1/3)

はやりの「仮想現実」(VR)をノートPCで楽しむとしたら、どのような視点でノートPCを選べばよいのだろうか。選定のヒントを紹介しよう。

[Charles P Jefferies,TechTarget]
画像 VRに適したノートPCのスペックとは《クリックで拡大》

 コンピュータによって仮想空間を描き出す「仮想現実」(VR)のテクノロジーを使うと、今までにはない没入感でゲームを体験できる。VRを体験するには、左右の目にそれぞれ別の映像を映す、ヘッドマウントディスプレイ型のVRデバイスを装着する必要がある。VRデバイスはHDMIケーブルでクライアントPCへ接続する。クライアントPCには、VRデバイスの電源用にUSB端子が最低1つ必要になる。

 現在販売されている2大VRデバイスといえば、HTCの「HTC Vive」とOculusの「Oculus Rift」だ。この2つのVRデバイスには大きな違いがある。どちらを購入するかを決める前に、その違いを知っておいて損はない。ただし本稿ではこの違いを取り上げない。言うまでもなく、VRに掛かる費用は安くない。例えばHTC Viveの本体価格は799ドルだ。VRゲームを楽しむには、いずれにせよVR対応のノートPCが必要になる。当然、VR対応のゲームも購入しなければならない。

 それではVR対応のノートPCとは何かを見ていくことにしよう。

ビデオカード(GPU)

 VR対応ノートPCの肝になるのがビデオカードだ。VRデバイスがパフォーマンスの高いPCを必要とするのは、装着中に表示される映像のフレームレート(1秒当たりコマ数)を安定させる必要があるためである。フレームレートが安定していないと、あっという間に“VR酔い”になる。ビデオカードは一定のフレームレートを保つだけでなく、左右の目に写る2つのディスプレイ両方のフレームレートをそろえなければならない。

 推奨ビデオカードは、HTC Vive、Oculus Rift共にNVIDIAの「GeForce GTX 1060」やAMDの「Radeon RX 480」だ。時間の経過とともに、ゲームの要件がますます高まっていくのは間違いない。わずかでも強力なものに投資すれば、その分長く使えるはずだ。

 GTX 1060を選ぶ場合は、6GBのビデオメモリ(VRAM)を搭載するモデルがお薦めだ。GTX 1060を搭載したノートPCで最安値のものは、ビデオカードのVRAMを3GBしか搭載していないものが多い。これは現在多くのゲームが推奨するVRAM容量を下回っている。例えばスクウェア・エニックスの「ライズ オブ ザ トゥームレイダー」の画面設定を最高にすると、ビデオカードのVRAM容量が最低でも4GB必要になる。

 まとめると、本稿では以下の2点を推奨する。

  • 長く使うため、少なくとも最低スペックを上回るビデオカードを探す。GTX 1060が優れた足掛かりになる
  • 最低スペックで購入する場合は、VRAMを4GB以上搭載するビデオカードを探す

 ここからはノートPCの例を挙げながら、適切なスペックを見ていくことにする。

プロセッサ(CPU)

       1|2|3 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

売れるネット広告社、「確認画面後でアップセル」で特許権を取得
売れるネット広告社は、「確認画面後でアップセル」についての特許権を取得したと発表した。

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...