2017年09月29日 09時00分 公開
特集/連載

テレメトリー機能が収集する4段階のレベル「Windows 10」のユーザーデータ収集機能に企業はどう対処すべきか?

Microsoftは「Windows 10」のテレメトリー機能を使ってユーザーデータを収集している。実際どのようなデータが収集され、そして企業はどう備えるべきなのだろうか。

[Michael Cobb,TechTarget]

 Microsoftは「Windows 10 Creators Update」のテレメトリー機能を使って収集するユーザーデータの種類を、特定のエディションで「セキュリティ(Security)」「基本(Basic)」「拡張(Enhanced)」「フル(Full)」の4段階に分類している。各段階では実際どのようなユーザーデータが収集され、どのようなプライバシーの懸念を伴うのだろうか。

「フィードバックと診断」はテレメトリーの重要な役割《クリックで拡大》

 テレメトリーとは、取得したデータをベンダーに自動送信するシステムのことであり、多くのソフトウェア開発プログラムがこの機能を備えている。開発者にとってこうした収集データは、開発したソフトウェアの使用頻度や人気の高い機能を把握したり、クラッシュの原因を特定したり、さまざまな洞察を得るのに役立つ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...