Loading
2017年10月02日 10時00分 公開
PR

OLAPもOLTPもこれ1つで低価格に実現超高速カラム指向型エンジンと一体化した次世代データベース登場、その実力は?

主要な商用データベースは高過ぎる。でも安いだけのデータベースにも不安がある。そんな企業に知ってほしい、コストと機能のバランスが取れたデータベースが登場した。

[ITmedia]

 企業システムの構築・運用に携わる情報システム担当者にとって、目下最大の課題の1つが「データベース製品のコスト問題」だ。これまでエンタープライズ系データベースの主力を担ってきた製品が、数年前に製品ラインアップと価格体系の大幅な変更を実施し、多くのユーザー企業にとって保守費用の負担が大幅に跳ね上がっているためだ。

 それではと、同等の機能を持つ他の製品に思い切って乗り換えたとしても、ある程度のコストは削れるものの、大幅なコスト減までには至らないことが多い。オープンソースソフトウェア(OSS)のデータベース製品に乗り換えれば、コスト面では大きなメリットが生まれる。だが機能面で不満を感じたり、実績があってもサポート面でどうしても不安が拭えなかったりする人もいるだろう。

 近年ではビジネスにおけるデータ活用のニーズが急速に高まっており、多くの企業がデータ分析やビジネスインテリジェンス(BI)のためのデータベース基盤構築に乗り出している。当然のことながら「より大容量」「より高速」を追い求めていくと、データ分析基盤の構築・運用にかかるコストも跳ね上がっていってしまう。

 こうした幾つかの事情が重なった結果、現在データベース製品の費用対効果を根本的に見直す動きが各所で起こりつつある。まだ「これだ」という決定打は見つかっていないものの、解決策となり得る製品も徐々に登場しつつある。コストパフォーマンスの高いデータベースの新たな選択肢を見ていく。

提供:株式会社エージーテック

提供:株式会社エージーテック
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部