Loading
2017年10月06日 10時00分 公開
PR

もはや「早過ぎ」ではない2020年のWindows 7延長サポート終了、大規模移行の悪夢をどう乗り越える?

2020年1月、「Windows 7」の延長サポートが終了する。少し先の話とはいえ、準備は早いに越したことはない。最適な方法を解説する。

[ITmedia]

 従業員が利用するクライアントPCの多くは、Windowsで構成されている。企業用PCにおけるOSの主流は、現在ではまだ「Windows 7」であろうか。

 読者の多くは、2013年を境に発生した「Windows XP」の“駆け込み移行”問題を記憶していることだろう。当時、日本マイクロソフトによるWindows XPのサポート完全終了を前に、中堅・中小企業を中心とした多くの組織のIT担当者が、新しいWindowsへの移行に頭を悩ませたのである。

 全社的なクライアントOSの移行がどれほど大変な作業になるか、想像してみてほしい。現状の棚卸しに始まって、移行計画の策定と必要な製品選択、実際の作業、作業後のサポートまで。XPからの移行で苦しい思いをした人であれば、思い出すのも憂鬱かもしれない。だが、その“悪夢”は再び訪れる可能性がある。2020年1月に、Windows 7の延長サポートが終了するのだ。

 Windows OSの大規模移行は、もはや決定事項である。過去の苦い経験を繰り返したい読者はいないだろう。より利便性が高く、作業負荷も小さい方法があれば、そちらを選ぶはずだ。

 では、どのようなツールがあれば問題を解決できるのか。OSの移行で発生する問題のおさらいも含め、以下のページで詳しく解説していこう。

提供:クエスト・ソフトウェア株式会社

提供:クエスト・ソフトウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部