2017年10月06日 05時00分 公開
特集/連載

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第13回】Windows Server 2016の新機能をチェックする──ファイル共有プロトコルSMB編

Windows Server 2016の改良点の1つに新しいSMB 3.1.1の実装がある。SMBは、Windowsのファイル共有プロトコル。SMB 3.1.1の改良点や注意点をお伝えする。

[塩田紳二,著]

この連載は

新世代Windows Serverとして2016年9月に正式登場した「Windows Server 2016」。フリーで導入できる体験版を使って、新しいセキュリティ機能やコンテナ関連機能の設定など、新しく登場した“操作テクニック”を紹介する。執筆はIT関連媒体で長らくWindows Serverの解説連載を手掛けてきた塩田紳二氏だ


 「Windows Server 2016」(以下、WS16)の改良点の1つに新しいSMB 3.1.1の実装がある。SMBは、Windowsのファイル共有プロトコルの名称で、「Server Message Block」の略だ。こうしたMicrosoftのネットワークプロトコルでは、NetBIOSだのNetBEUIといった用語が使われているのを見かけるが、今ではこれらについては何も気にする必要はない。ファイル共有やプリンタ共有をするためのプロトコルとして、SMBというものがWindowsでは使われているという理解でいいだろう。このSMBは、現在ではTCP/IPで利用するのが普通であり、位置付けとしてはWebアクセスのHTTPやメール転送のSMTPなどと同じようなプロトコルと考えていい。

 実際、Windows Serverを導入して、そこにWindowsのクライアントを入れれば、サーバの管理者は、ユーザー登録や公開するフォルダなどを設定するだけで、クライアントからファイルのアクセスが可能なサーバ、つまりファイルサーバとして動作する。

 さて、このSMBだが、WS16では、SMB 3.1.1という最新のプロトコルを採用している。最新のSMB 3.1.1には、以下のような改良点がある。

SMB 3.1.1に実装した3つの改良点とは

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...