Loading
2017年10月11日 10時00分 公開
PR

災害対策からデータベース移行、BI活用までデータベースのリアルタイムレプリケーションがビジネスにもたらすメリット

ビジネスの根幹を担う上で重要なデータベースは、重要であるが故に止められなかったり、もっと活用したいのに負荷を掛けられないジレンマもある。どうすればいいのか。

[ITmedia]

 データベースは企業にとって、ビジネスの根幹を担う重要なシステムの1つである。それ故に、さまざまな組織がさまざまな課題や目標を抱えたまま、データベースを運用していることだろう。

 特に、基幹系のミッションクリティカルな環境で用いられることの多い「Oracle Database」ユーザーは、多くの問題を抱えているはずだ。容易に止めることができず、高い負荷も避けなければならない。一方で、有事の際に備えて、遠隔地へのデータコピーやシステムそのもののレプリケーションを図ることも重要だ。

 本稿では、Oracleユーザー向けに、3つの大きな課題を解決する手法について解説しよう。

提供:クエスト・ソフトウェア株式会社

提供:クエスト・ソフトウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部